プロフィール

マルガリータ

Author:マルガリータ
☆アトピー略歴☆
3歳 発症(その後消える)
11歳〜 (頭皮、首、脚、顔は軽め)
  ・食事療法
  ・ステロイド治療で首が紫色に
16歳 ハワイマウイ島転地療養ツア
   ー(某クリニック主催)参加
   10日間で突然綺麗になり感動
   これを機にハワイ旅行を繰り
   返し落ち着く、悪化した
   場合はステロイド使用
27歳 ハワイ長期滞在(3カ月)で
   完治状態
28歳 帰国後急激悪化
   ステロイド治療
29歳 オーストラリア長期滞在
   (1.3年)で完治状態
30歳 帰国後激悪化
   ・ステロイド大量使用
   ・頼みのハワイ旅行でも、
    激痛、低体温症、
    浸出液べとべとで
    悲惨な旅行となり、
    大ショック。絶望的。
   ・1月某四国の病院入院、
    ステロイド大量摂取
   ・2月運命の出会い!
    藤澤重樹先生の下、脱ステ
    開始!
31歳 10ヶ月のリバウンド地獄
32歳 完治状態、社会復帰
33歳 順調 
34歳 順調 
35歳 順調 
36歳 強烈なストレスによる
   第2リバウンド?で激悪化
   豊富温泉治療(1.5ヵ月)
   でまた完治状態!
   社会復帰するも、再度悪化で
   退職、再び豊富温泉治療
   (2週間)で復活
37歳 3度目の正直!
   豊富温泉治療(2週間)で
   復活!
   運動・食事・意識改革
38歳 ストレス悪化で豊富温泉
   治療(2週間)真冬の激乾燥で
   いつもより復活度悪く帰宅
39歳 ストレス悪化で豊富温泉
   (1ヶ月)


カテゴリ

リンク

ぽちってしてブログを拡散↓

楽天の方はこちらからサイトに入れます


developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年はアトピーを辞める

お正月のお料理は甘・・・ばかりで困りますね。
それにこの激しい乾燥で、辛い時期ですよね。
極度の乾燥による搔き壊し、で自分同様、辛い方も多いと思います。

でも負けずに、頑張りましょう。
まずは、目から鱗の魔法の言葉をどうぞ。

「今年はアトピーをやめる」
そう、意識改革がまずは重要です。
これは自分で「病気をやめる」ことなんですね。

まずは、アトピーの自分から離れ、なるべく皮膚を見る時間、皮膚への意識を減らす。
それには他のことで忙しくしていることが重要です。

外にいける方は外へ行く。
仕事ができる人は仕事に集中する。
家にいるなら、家事やネット、読書や映画、テレビ等に集中する。

痒いのは仕方がないです。
でも、何かに夢中になっている時って痒みも忘れていますよね。

なんとか乗り切りましょう。
今年は「アトピーを辞める」です。
スポンサーサイト

皮膚が酷くても仲間が居るから大丈夫!

皮膚が悪化している時は、誰にも見られたくないですよね、
必然的に人を避ける、うつむいてしまう。
そんな時は仕事以外の外出なんて以ての外。
休日は引きこもりがちになる。

でもそんな状況から救ってくれる同じアトピーの仲間が居るんですよ。
名前出しちゃうと、「もっちー」さんです。
かなりの有名人なのでご存知の方は多いと思いますが、
彼はとても人情に厚く、利益度外視で多くの患者に勇気を与える、
言わばスーパーマンです。

私も引きこもりだった夏場に、
思い切ってもっちーさん主催のウオーキングのイベントに参加しました。

目からウロコでした。
皮膚が悪化してても外に出るとこんなに楽しめるんだ!
夏場の暑さの中、
太陽の下で汗びっしょりになっても、
痒みと痛みが大発生しても、
みんなも同じ状況なので、
何一つ気兼ねすることなく楽しめるんです。

アトピー対策に運動は非常に大事です。
でもアトピーだから運動ができない。
その悪循環がありますね。

だからぜひ、みんなで歩きましょう。
東京圏だけでなく、群馬や名古屋や関西方面からも参加してる方が居ますよ。

私もできる限り参加したいと思っています。
ツイッターを開設してアトピーであることをツイートしてください!
「もっちー」さんが見つけて声をかけてくれます。笑
もちろんご自身から探してメッセージしても良いと思います。

ちなみに私は「NANAKO」でやってます。

豊富温泉から帰宅して、いきなり喘息発生!

豊富温泉ですっかり綺麗になって喜んで帰還。
横浜に帰って来た途端に、喘息の症状が出始め10日。
普段喘息なんて全くなかったのに。

豊富温泉町のクリーンな空気を吸って過ごすこと1ヶ月、それに慣れてしまった反動か。
確かに、都会の空気はやはり全然違う。
美味しくない、毒ガスのようだ。

それにしても身体の反応は正直である。
徐々に痒みとポツリポツリ皮膚の悪化(鳥肌が膨らむ)が出始めている。

でも、浸出液が出るほどの悪化ではないし、
朝までぐっすり眠れる幸せを噛み締めている。
(今は、喘息の症状が邪魔をするが)

今後はいかにこの綺麗になった皮膚を悪化させないように生活するか、が重要になる。

藤澤先生
御指導のおさらい


・脱ステ
・脱保湿
・脱風呂(シャワーでさっと流す程度)
・適度な日光浴
・運動で汗をかく
・糖質制限+MEC食
・整腸
・楽しいことをする
・笑う
・気にしない





豊富温泉が医療費控除の対象に!

祝!豊富温泉が医療費控除対象施設になりました。
関係各位に感謝いたします。
ありがとうございます。

どういうこと??

平成29年7月4日、ふれあいセンターが温泉利用型健康増進施設に認定されました。
温泉利用型健康増進施設とは、
厚生労働省が定める一定の基準を満たし、
温泉を利用した健康づくりを図ることができる施設のことをいいます。
認定施設を利用して温泉療養を行い、
かつ以下の要件を満たしている場合には、
施設の利用料金、施設までの往復交通費について、
所得税の医療費控除を受けることが出来ます。
(豊富温泉コンシェルジュHPより転載)

豊富温泉コンシェルジュHPをどうぞ↓
http://toyotomi-onsen.com/shinsei


豊富温泉での患者交流

聖地とも、奇跡とも言える豊富温泉ですが、
効能そのものの他にもう一つ享受できることは、やはり湯治客同士の交流です。

ずっと独り闘ってきたのに、
ここでは同じ境遇の同じ悩みを抱えて生きて来た同士がたくさん居るんです。
どんなに心強いことか。

到着後4日間ぐらいは、お湯が沁みたり疲れたりするので、交流する気にもなりませんが、
お風呂で話す余裕が出てくると、どんどん楽しくなります。

特に、女湯は賑やかになりますね。
男性は修行僧のように入っているそうですが 笑

しかし、たとえ語らずともお互いの抱えて来た人生の辛い部分は痛いほど理解し合える。
それだけで、大きな違いになると思います。

メンタルの面でも、豊富温泉に来ることは多大なるメリットがあるのですね。

さらに、豊かな自然と美味しい空気が心身を癒してくれます。

素晴らしいところです、豊富温泉。
公式本↓





IMG_5156.jpg






信じるな疑うな確かめよ「沖ヨガ」の教え

豊富温泉で出会った「沖ヨガ」とまなみん先生。
それまでヨガは何となく、胡散臭いと思っていた。
実際、オウム事件騒動の時に悪いイメージが付き、生徒が激減したそう。

ところが、どっこい。
ヨガが何と奥深くて素晴らしいものであるかということを知り、目から鱗の連続だった。

ヨガ=つなぐ 
であり、そこにはアサナ(ポーズ)、呼吸、食事、瞑想があり、全てが一つになってヨガであるということを知った。
特に沖正弘師の沖ヨガは、とても理にかなっていることがやればやるほどわかる。

「信じるな、疑うな、確かめよ」

人のいう事を何でも鵜呑みにするのではなく、だからと言って疑うのもよくない、自分の目で耳で、体で確かめてから判断しなさいという教え。
これがとてもストンと心に沁みた。

アトピーの治療法は千差万別、体の数だけあるということ。
自分で確かめて、自分で治すしかないのだ。

まなみん先生の師匠が神田のファミリーヨガに居らっしゃるということで、早速入門した。
今ではもうすっかり、やらずには居られない生活の一部になっている沖ヨガです。

皮膚疾患がある人こそ、体を動かして末端まで血流を促しましょう。
筋肉をつけましょう。
自分の体が求めている食事を摂りましょう。
自分を観て自分を知りましょう。
気持ち良い呼吸をしましょう。

ヨガ、特に健康になりたい意思の強い人には沖ヨガがお勧めです。
東京都神田にあるファミリーヨガ↓HP


http://www.family-yoga.jp/

神田ファミリーヨガの石井夫妻先生の著書↓








↓沖ヨガの素晴らしさを書いた船瀬ジャーナリストの本


↓沖正弘氏本人の著書(古いので字が小さめ)

料理の砂糖代替品に甘酒を使う

糖質制限で困るのは料理の砂糖ですね。

私はなるべく砂糖を使用しないメニューにしますが、
それでもやはり使用したいときは砂糖の入っていない甘酒で代用します。
親子丼、肉豆腐、肉じゃが等は本当に美味しくできますよ。

お勧めは、一時期爆発的ヒットして手に入らなかった八海山です。
私はお米は解禁したマイルド糖質制限ニストなので美味しくいただいています。
すごく美味!


豊富温泉の公式本が出ました!

死ぬ前に、豊富温泉。
昔の「2ちゃんねる」にこんな書き込みがあるそうです。
人生諦める前に行ってみてください。
同じようにアトピーや乾癬で苦しんできたたくさんの仲間が温かく迎えてくれる最後の砦です。
豊富町はますます力を入れて町ぐるみで取り組んでくださっています。
奇跡の温泉と奇跡の自然、癒しの町です。

          
              

また!豊富温泉に来ています。

長い間また更新せずに来てしまいました。
読んでくださっている方々、すみませんでした。
体調が悪いとつい、ずるずるとアップデートできない日々が続いてしまいます。

実は今また豊富温泉に来ています。
いつもながらに、最初の4日間ほどは激痛が走りましたが、その後はぐんぐん良くなっています。
朝まで眠れる幸せを噛み締めながら、日々を過ごしています。
9月は気温23℃前後湿度50%と晴天が続き、とても快適な日々でした。
下旬はぐっと気温が下がり、20℃を切り、最近は14℃まで下がりました。
湿度がないので本当に快適、空気が美味しくて最高です。





アトピーと糖質制限

流行りの糖質制限、もはや猫も杓子も?状態ですが、
やはりアトピーにも糖質制限は重要ですね。

藤澤先生は糖質制限+MEC(肉卵チーズ)食を推奨されています。
細胞を作るにはたんぱく質と脂質が重要だからです。

私は当初、超厳格な糖質制限をしてみました。
お菓子はもちろん、砂糖、米やパン、麺類等の小麦系、芋類、果物。
お弁当も、炭水化物無しを持って行きました。
もう食べるものがなーーーい、みたいな生活をしてみました。
すると、間も無く2週間ほどで激やせし、生理が一旦来なくなりました・・・。

しかしこれはさすがにまずいと思い、今はマイルド糖質制限に変更しています。

1、極力砂糖を使わない料理にし、お菓子は食べない。
2、お米と芋類、果物を解禁
3、大好きなパンはたまに、北海道産小麦粉を使用したものを解禁

でも友人達とスイーツを食べたり、お酒を飲んだり、そんなことはたまにはしちゃいます。

女性は特に、BMI値18.5を切ると、ホルモンが出なくなくそうです。
これは問題ありですので、気をつけた方が良いでしょう。
アトピーさんは痩せ型が多いので確認してみてくださいね。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

私が糖質制限について悩んでいたところへパッと光を差してくれたのが下記の本です。
多くの女性を診てきた漢方薬剤師の方の本で、性差医療の重要性を説いています。
「性差医療」という言葉を初めて聞き、それはもう目から鱗でした。
今の医療は、成人男性を中心に考えられているのです。
だから何でもかんでも一色単に考えるのは危険ということなのですね。

糖質制限にしても、女性は女性特有のホルモンの視点からもバランス良く考える必要があるんですね。
女性は特に、血液を造ることの重要性やお米を食べることの重要性が良くわかります。
糖質制限で悩んでいる女性の方、本当にお勧めです。
私は今は罪悪感も迷いもなく、自信を持ってお米を美味しく食べています。


乳児湿疹にステロイド塗らないで!

乳児にステロイド塗っていませんか?
アトピーにステロイドは塗らないでください!
大変な人生が始まってしまいますから。

乳児のステロイド

どうか脱ステ医に相談してくださいね。

私が脱ステと出会ったきっかけ、藤澤先生の著書です。
人柄も素晴らしい先生のファンは多数です。
藤澤皮膚科は東京都の大泉学園駅にあります。







佐藤健二先生著書(関西方面の方へ)






隅田さちえ先生(広島方面の方へ)




パイオニア安藤直子さんの著書















アトピー患者の聖地豊富温泉の効果についての寄稿文

アトピー、皮膚病患者の聖地、豊富温泉について
藤澤先生が寄稿されています。
健康365 2016.8月

記事をダブルクリック等するとよく見えますよ。

スキャン 1
スキャン

真冬の激乾燥が悪い!

聖地豊富温泉。
いつもは2週間居ればぐーんと良くなるのに、今回は思わしくない。
どうしたものかと考えた結果、いくつかの原因が判明しました。

1、真冬の乾燥
2、暖房の乾燥
3、高温の一般湯で体から水分が激しく取られた乾燥
4、低温の湯治湯でもやはり水分が取られた乾燥
5、菅の故障で加水をしている状況

今回は、入れば入るほど、皮膚が強張り剥がれ落ちる感じです。
入浴をお休みした日の方が楽です。

豊富温泉は元々、火傷の治療に効果があったことから、
劇的に効果があるアトピーの状態は、
浸出液が激しく出ているような状態の時だと思います。
ベトベトの症状はすぐ改善されます。
皮膚が貼ってくれるんですね。

今回も浸出液の部分は割りと落ち着きましがたが、
乾燥系の湿疹はダメでした。
強張りが激しすぎて痛いのです。

指先も、入らない、なるべく濡らさないようにした方が
皮膚が貼ってきますね。
指は本当に難しい!!!
時間がかかる。
キッチン仕事は手袋マストですね。

結論

真冬の乾燥悪化の場合は、おとなしく東京圏で頑張ることに。








真冬の豊富温泉必需品とは

真冬に来たのが初めてだったので、とても舐めて来たことを後悔してます・・・
持って来れば良かったもの、持ってきて良かったものをご紹介しますね。


・帽子(吹雪でも傘はさしません)
・耳ほっか(耳が切れそうに痛い!)
・手袋(無いのと有るのとでは雲泥の差)

・初日の夜ご飯(夜7時着、8時前になったらもう食べる所がなかった)

・部屋の乾燥対策(濡れタオルを干してましたが足りない)


湯快宿の方へ(自炊)

・石鹸
・ゴム手袋(食器洗い用)
・コロコロ(部屋に完備ですが足りない状況も)
・菜箸(1セットは完備あり)

・お気に入りの調味料(調味料は重要です)

 ↓私はこれらを持参しています。
 
 松田のマヨネーズ!すごくおすすめです、良いものしか使っていない上に、60代の母が懐かしい!と大絶賛でした。
 何だか懐かしい美味しさがあるらしいのです。



 沖縄の塩!


醤油!本物は大豆+小麦+食塩のみ ミニサイズ100mlは便利


砂糖を使う万が一に備えて


味噌も持ってきました 峰村醸造↓
http://www.minemurashouten.com/SHOP/MJM008.html


湯快宿はとても快適です!!

皮膚が激乾燥で痛!!

調子こいて、一般湯に浸かっていました。
だって、一般湯の方がが空いてるし広いしガラス越し雪見風呂だし、湯治感より旅行感が味わえるから!

しかし、あがった後は、
体から全水分が搾り取られたかのように、本当に砂漠の大地ように、ガピガピの激痛が続きました。

でも大抵いつも最初の4日間ぐらいは好転反応やら何やらとてもしんどいので
気がつかなかったのですが、冬はやはり湯治湯の方が良かったです。

冬の乾燥、部屋の乾燥、お湯が高温によることから来る乾燥・・・・。
トリプルパンチで悪化してしまったようでした。

藤澤先生に相談したところ、一旦お風呂やめてみましょう、と言うことでした。
少し休みましたが、せっかく温泉来て脱風呂!はもったいない気がして来たので、
時間と回数を減らし、湯治湯へ通いました。
昔は湯治湯2ー3時間平気で浸かっていたのですが、今回は長くても50分。
基本25分ぐらいにしておきました。

温泉は大変体力を消耗するので、実際2-3時間はNGです。
寝不足続き等で体調が万全でない時に、リンパ腺が大腫れして病院へ行った経験があります。

ところで今、1本の管が調子悪く加水をしているそうです。
雪が無くなる4月ぐらいまで直せないとのことで、ちょっと残念。

確かに、お湯のどろどろ感が無くいつもよりあっさりしているかな。
人によっては加水している分、塩素で痛みがあるようですよ。

温泉の詳細はここから


マイナス18℃でも都心より快適生活!

驚いたことに、豊富は日中でもマイナス8−10℃なんてざらです!
早朝夜は、マイナス18℃とからしいです。

しかし、温泉と湯快宿の往復なのでとても快適な日々を過ごせています。
熱くなった体を冷やすのに丁度よく、そして部屋の暖房もすぐ効いてくれるので、ぬくぬく。
正直、東京都心の生活よりずっと寒くない感覚です。

これが北海道の人が言う、「東京は寒い!」なんですね。
ほぼ車生活だし、東京みたいに電車のホームで寒さと戦う苦しさ!!が無い・・・。

温泉でお話しした隣町、羽幌町からのおばあちゃんが、
「10℃ってプラス?!+10℃?!そんなに暖かい所があるんだあ・・羨ましい・・。」
と、東京圏がこんな温度であることをご存知なくてこちらがびっくり!
「今朝は20℃だねえ、って話しているのよ、マイナスの世界なんて当たり前だから・・」って。
もはや、マイナスが当たり前の世界!
頭が下がります。
それにしても、これだけ寒くても長生きしてます、皆さん!







極寒の豊富温泉!

初!真冬の豊富温泉に来ています。
冬は暴風雪でフライトに影響が出るとの噂を聞いていたので、今回は札幌経由にて!

羽田8時15分発ADO015のフライト(往復¥19,480 安!)で新千歳空港へ。
JR¥1070 なーーんか徐行運転?で、札幌駅手前からとろっとろっ。
45分ぐらい乗っていた。

札幌駅でお楽しみランチ♪はPAUL Cafeにて。
普段は糖質制限をしているので、小麦粉はたまーのお楽しみ♪
特にパンは大好物でこのPAULのパンは大好物♪
しかもメイン料理を選んでパン食べ放題のカフェになっているので最高!

http://www.pasconet.co.jp/paul/index.html

至福の時間を味わいながら、ゆっくり札幌はぼろ号13時発へ乗る。
豊富行き11番乗り場側の12番乗り場に小屋があり、そこでチケットの支払い&受け取ります。
外国人観光客でごった返しているので負けないように注意です 笑
乗り場はESTAのビックカメラ2階から階段降りると着きますよ。

途中猛吹雪に見舞われ、前方は真白、窓の外も真白、そして黒い海!!
日が落ち真っ暗闇の中の海はとても恐怖です!

「雪と風がすごいのでね、ハンドル持って行かれるんですね。」
運転手さんがにっこり笑顔で、放送しています!!!!
素晴らしいです、何も見えないのにバスはぐんぐん駆け抜けます。

途中3回の休憩を挟みながら、ポツリポツリと降車客が出てきますが、
ど、どこに家があるのかしらん・・・という箇所も。
降車場には車でお迎えの家族が。
すごいなあ、色々な人生模様が垣間見られました。

そうこうするうちに豊富温泉へ到着。
この運転の素晴らしさに大変感銘を受けたので、厚く御礼を申し上げる。
が、一人熱くなっていただけのようで、大した反応もなくバスは走り去った・・・。

雪道なので札幌駅から5時間では足らず、6時間のバス旅でした。
帰りの飛行機は余裕をもっての予約が必要!です。

19時過ぎの到着。
チェックインして急いでお風呂へ!

長い長い1日が終わる。

アトピーの人に、医者へ行けと言わないでください

アトピーの人は大抵自分ですごく一生懸命勉強しています。
それなのに、薬塗れとか医者へ行けとか、どうか言わないでください。

一番辛いのは本人で本人が一番良くわかっているのです。
普通の皮膚科へ行ったらステロイド外用薬を処方されるだけなのです。
そして、それを塗ると、例えば3日後に皮膚がボロボロ剥けて1日だけ綺麗になったとしても、
4日後にはまた元へ戻るのです。
それの繰り返しで塗り続けていると、どんどん悪化の一途を辿るのです。
ステロイド自体が効かなくなり、元の皮膚が薄くなる皮膚萎縮、色素沈着、真っ赤、副作用の湿疹、浸出液、激しい冷え・・・・。
ステロイドは免疫抑制剤ですから、色々と副作用が出ます。

真っ赤になった赤ちゃんの顔は痛々しいですね、でもだから赤ちゃんって言うんですって。
乳児湿疹はアトピーとは違います。
放っておけば消えるんです。

昔はアトピーなんて無かった。
ステロイドを塗り始めてから特に成人アトピーとその難治化が始まった。

脱ステロイドという選択肢があることを知ってください。
また、広めてください。
多くの皮膚科医でさえ、知らないんです。
知ってても標準治療がステロイドとなっているから、ステロイドを処方します。
「標準治療」は患者のためのものではありません。
患者に寄り添う心のある先生=「脱ステ医」は少ないけれど居らっしゃいます。

私は藤澤先生に出会えて生きる希望を取り戻せました。

まずは知ってください。↓

















豊富温泉メディア掲載 find travel

Find Travel様

http://find-travel.jp/article/31296

豊富温泉メディア掲載

豊富温泉の紹介記事です。

tripro VOICE様

http://blog.tripro.me/07032015toyotomionsen

断食のメリットとは

ヨガ教室開催の2泊3日の断食合宿に行ってきました。
絶食するわけではなく、塩味と醤油をメインにした味付けの食事を昼と夜の2食いただきます。
野菜と果物、豆腐等をメインにして動物性は一切入りません。
しかも量はそれぞれ猫の食事のような極少量で、一口30回程度噛みながらいただくのです。

しかしお腹が空いて苦しい・・・っていうのは、意外とありませんでした。

さて、断食のメリットはここからです。

帰宅後翌日、いつもと同じような食事が全く美味しくないのです。
MEC、野菜、味噌汁、玄米等、何を食べても美味しくない。
唯一美味しかったのは、お土産にいただいた「キンカン」でした。
普段全く食べないキンカン、その他柑橘類だけがとても美味しくてたまりませんでした。

これこそが、断食で体をリセットした結果の反応なのです。
つまり、体が本来欲していたものしか受け付けなくなったのです。

いつも健康な皮膚をつくることを意識してタンパク質(MEC食)を大量に摂取、
その上、栄養価の高い玄米を摂り、野菜は食べますが、果物やその他糖質はほとんど採っていませんでした。

食事の陰陽バランスで考えると、これは圧倒的に陽性に傾き過ぎていたので、
リセットした体が素直に陰性のものを欲し、陰性の「キンカン」が美味しくて仕方がなかったようです。

先生に話すと、まさにこれが「体の声を聴く」ということであると。

普段アトピーを良くすることをメインに考えているので、頭で食事内容を選択しています。
ストイックな糖質制限とストイックなMEC食。
「体の声」を無視して、あるいは気付かずに居たのですね。

陰陽バランスで考えることも重要だと思う今日この頃です。

最近アトピーさんで特にストイックに糖質制限をして激痩せしている女性が増えている話を聞きました。
激痩せすると生理不順等生殖系に異常を来しがちですよね。
長距離マラソン選手が良い例です。
女性は特にコレステロールが重要なので、脂質は欠かせないです。
以前ストイックに糖質制限をした時にやはり激痩せ生理不順になったことがあります。
米やパン、小麦、イモ類、果物も余計と思われる糖質は全て抜いたのです。

私もヨガの先生には、穀類は食べるよう提案をいただいています。
人間の歯は穀類を食べるようにできている(臼歯が多い)し、
お米の国でお米を食べないのは不自然と。
ヨガの世界はバランスを大切にする世界です。
自然界との調和、体が喜ぶこと、もの、を大切にする。

ここ半年ぐらいMECと玄米食に勤しみアトピー自体はとても調子が良いのですが、
女性として女性ホルモンや生殖系にもフォーカスしようと思います。

先生に食事調査をしてもらったところ、陽性の強い玄米はやめて白米でバランスを摂った方が良いというアドバイスをいただきました。
ストイックなMEC食(陽性)には白米が丁度良いんですね。
陽性が強いと体が締まります、毛穴もしまり老廃物が出にくくなるのです。
アトピーが出ないで調子良かったのはそういう意味もあるのなあと思います。

確かに厳格な糖質制限でアトピーの体調が良い人は多いです。
体調が万全なら問題ないんです。
ただ、その他の不調、取り分け女性はホルモンのことも考慮し体重激減にはご注意ください。

ヨガの素晴らしいところは人に強要しないことです。
その人その人で体が全く異なるからです。
「信じるな、疑うな、確かめよ」
自分の体で試して、知る。ことが重要です。

私もしばらく、砂糖は避けるがお米は食べるマイルドな糖質制限に変えてみます。
「体の声を聴く」ためにも、プチ断食はお薦めです。

真実を追究するジャーナリスト船瀬氏が書くなら間違いないですね↓











アトピーと洗濯洗剤

アトピー皮膚には洗濯洗剤の選択も大変重要です。
なるべく石鹸を使いたいところですが。
私は今「無添加石鹸+天然ハーブ」のSARAYAさんの液体を使用していますが、全く問題ないです。
もちろん界面活性剤、合成材、蛍光材等全て無添加です。







同じ苦しみの人々からのありがとうが勇気をくれる

「ブログを読んで勇気を貰えて頑張れました」「励みになります」等の言葉で逆に勇気をいただけています。
本当にどうもありがとうございます。
患者同士の交流はとても重要なことだと実感しております。
これからもみなさん頑張りましょうね。

アトピーに苦しんでいる方へ
藤澤先生が人生を変えてくれました。
ステロイド治療をしない選択を考えてみてください。
「脱ステ」という言葉が存在します。








コラーゲン摂取の無意味

コラーゲンを飲んで、食べて、お肌プルプル!は実は医学的根拠に乏しいみたいです。
そもそもコラーゲンは、タンパク質の3分の1の構成要素のことで、細胞と細胞をくっつけています。
コラーゲンを経口摂取してもアミノ酸に分解されタンパク質に合成される。
採ったコラーゲンがそのまま全てコラーゲンとして蓄積されるわけではないのです。

結局タンパク質を採ることが最も重要なんですね。

やられた・・。
昔1年ぐらい高いコラーゲンを飲んでいました!
しかし、まあ、「プラシーボ効果(偽薬)」はあったかな、と思います。笑
効くと思えば何でも効果があるのです。

とにかく、アトピーさんが強い皮膚をつくるんだったら、
タンパク質と脂質を積極的に採ることが一番です。
細胞の構成要素:水65% タンパク質15% 脂質12%らしい。

だから、MEC(Meet Egg Cheese)食なんですね。
藤澤先生推奨MEC食。
私も脱ステ後はずっと意識して積極的に肉食です。









アトピーと女性ホルモン

アトピーを治すために食事は重要ですが、
女性であれば女性ホルモンのバランスも大切にすることが重要です。
女性ホルモンの状態を良くする補腎食品も積極的に摂りましょう。

野菜:キャベツ、ニラ、しいたけ、山芋
タンパク質:肉、えび、いか
その他:ゴマ、胡桃、海藻類

腎の衰えは、倦怠感や月経不順、抜け毛、尿漏れ、骨密度の低下をもたらします。


参考:女性医療クリニックLUNA 関口由紀先生著




乳児の洗い過ぎに注意です

乳児の入浴は週に2~3回で十分で、多くの場合は洗いすぎ。
By DANA WECHSLER LINDEN
THE WALL STREET JOURNAL
2014 年 11 月 5 日

乳児のアトピー性皮膚炎の原因をめぐる新たな所見を受け、一部の科学者は調査に乗り出している。親による乳児の皮膚の手入れ方法がこの皮膚炎の引き金となる可能性が示唆されたためだ。

 最新の複数の調査結果によると、アトピー性皮膚炎を引き起こす可能性があるのは、乳児の入浴頻度、せっけんやシャンプーの含有成分、入浴後に適切に皮膚を保湿しているかなどの要因だ。研究者は乳児の入浴は週に2~3回で十分で、多くの場合は洗いすぎかもしれないと指摘する。アトピー性皮膚炎になると、皮膚が乾燥し、かゆみを伴う炎症を引き起こす。

 科学者が確信を強めているのは、入浴や汚染物質、室内暖房などの環境要因が、皮膚内の水分を保持しアレルギー誘発物質や細菌を排除するといった皮膚本来の能力を妨害する可能性がある点だ。これにより皮膚の最外層のバリアが弱まり、外部からの刺激物質が皮膚に浸透することで免疫系反応を引き起こす。一部のアトピー性皮膚炎患者については遺伝子変異が皮膚のバリア機能を損なう可能性があることも判明した。

 アトピー性皮膚炎は長い間、アレルギー反応で起こると考えられていた。おそらく子供が食べたものや接触したものが、皮膚の炎症につながったという考えだ。ただ専門家は何十年もの間アレルギーをアトピー性皮膚炎の主犯と据えていた研究からは、ほとんど効果的な予防戦略を打ち出せなかった。

 オレゴン健康科学大学の皮膚科教授、エリック・シンプソン氏は「アトピー性皮膚炎の原因について理解が深まるにつれ、乳児の皮膚のケアの仕方にカギがあるとの見方が強くなっている」と語る。「私たちが良かれと思って赤ちゃんにしていることがアトピー性皮膚炎を引き起こしているのではないだろうか」と問う。

 このアトピー性皮膚炎は通常、乳児の顔や頭部に、小児の場合は肘の内側やひざの裏にも現れる。処方薬の軟こうはかゆみや赤みを緩和するが、治癒はしない。

 アトピー性皮膚炎は通常、乳児の肌がまだ発達段階にある1歳半を迎える前に発症する。数カ月、あるいは数年にわたり症状が出たり治まったりを繰り返し、たいてい青年期頃には消失するが、成人になっても続くケースもある。

MEC食の勧め。コレステロール神話崩壊

渡辺信幸医師により肉卵チーズ食の重要性がわかりやすく解説されています。
健康のために脂質をたっぷり摂らないとだめなんですね。
コレステロール神話の崩壊、厚労省が改定しましたよ。
「コレスレロールと食事は無関係」とな。

アトピーのみなさんも、良質な脂質、バター、肉をたっぷり食べましょう。
コレステロールはとても重要です。

藤澤先生も推奨されており、私もMEC食継続中です。

↓渡辺信幸医師解説
http://logmi.jp/106551








豊富温泉の皮膚再生力のすごさ

豊富温泉の威力、ご覧ください。
皮膚再生能力が素晴らしいのです。

1日目
IMG_1993.jpg

10日目
IMG_2056.jpg



1日目
IMG_1994.jpg

10日目
IMG_2055.jpg

豊富温泉湯治


23時就寝6時起床がベスト

23時就寝6時起床がベスト

なぜ、6時かというと、ヒトの体内時計は1日に25時間のサイクルで回ろうとしています。
現実の生活は24時間サイクルですから、毎日1時間、体内時計をもどす必要があります。
このリセットに最も大事なことは、朝方の日光であることがわかっています。
そして、体が起きる準備をするのにコルチゾールというホルモンが分泌されますが、これが最も多く分泌されるのが朝6時であることも理由にあげられます。by藤澤先生

アトピーフリーコム忘年会と広島隅田先生

アトピーフリーコムの忘年会に参加して来ました。
20名弱でしょうか。
日頃の悩み解決策等の意見交換をしました。

同じ悩みや情報、アイディアを共有できることは患者にとって何よりも心強いことです。

そしてやはり素晴らしいのはそこへ先生が参加されているということです。
別に先生の講演会ではありませんよ、患者と同じ輪に入って一緒に微笑んで居らっしゃるのです。
患者に最も近い医者、藤澤先生です。

なお、実は同日に広島で隅田さちえ先生のところでも「女子会」があったようですよ。
隅田先生にお伺いしたところ、
「皆さんとのオフ会はちょこちょこ有ります。特別なのもでは無くてちょっとお話ししたり・・(略)・・楽しんでいるだけです。」
とのことですが、
この「ちょっとお話」「楽しんでいる」をしてくださる医者がこの世の中に果たしてどれだけ存在するでしょうか?
質問すらまともにさせてくれない上から目線の医者が多い世の中。
患者と素の交流なんて、考えられないことです。

どれだけ患者たちに勇気と希望を与えていらっしゃることか!
隅田先生もまさに「患者に寄り添った、心のある、信頼できる」名医ですね。
広島方面の方は是非。
私も機会があれば必ずお会いしたいです。


患者会「アトピーフリーコム」
http://atopyfree.web.fc2.com




さち皮膚科クリニック↓
http://sachi-clinic.jp/index.htm










全国の素晴らしい脱ステ医リスト

アトピー治療に於いては、ステロイド治療をやめるという選択肢があります。
しかし現在、ほとんどの皮膚科ではその選択肢すら与えられないというのが現状です。

私は医者任せにしていたため、皆がそうであるように、
標準治療のステロイド治療を長年続けてしまいました。

ステロイドはアトピーの根本治療ではありません。
麻薬や刺青と同じように、使用期間に比例してじわじわと溜まり止められなくなり難治化していくのです。
ついには低体温症(真夏なのに寒い)、皮膚の萎縮(血管が透き通るほど)、紫斑等が始まります。
風が吹いただけなのにビリビリと皮膚が痛みます。

しかしステロイドを辞めた直後のリバウンドがかなり激しいので、
個人で勝手にステロイド離脱をするのは危険を伴う場合があります。
必ず脱ステ専門の医師に相談しながら行うことをお勧めします。

私は藤澤皮膚科でお世話になりましたが、
先生のHPに脱ステ医のリストがありましたのでご紹介します。

藤澤皮膚科HP

長い人生だから、ステロイドのどつぼに嵌る前に。
もしくは嵌っているどつぼから抜け出すために。

私は脱ステに出会えて、心からラッキーだと実感しています。

名医ほど叩かれる。

ケトン体を発見された宗田哲男先生、藤澤重樹先生や佐藤健二先生他脱ステ医、免疫学の安保徹先生、がんもどきの近藤誠先生、内科精神科医の内海聡先生・・

共通点は「叩かれる、とんでも扱いされる」ことですね。
でも「世の中の仕組み」を理解すれば、それはとても自然で当たり前のことなんです。

裏を返せば、真の名医ということなんですね。
体制に支配されず、自分の信念に忠実に、研究や勉強を続け多くの患者を救う。

私は上記の先生方の著書の多くを読んでいます。
自分や家族に当てはめて考えられるので、理にかなっている実感があるのです。

多くの健康本から信頼できるものを選ぶときは、
著者の背景や関係組織をきちんと把握しましょう。
どんな立場で書いているのか、そこが非常に重要です。

「テレビで医者が言ってた」「大病院の有名な医者が言ってた」
ほど、むしろ信憑生を疑うべきなのです。

賢い患者、消費者にならないと馬鹿をみるのは自分です。



















ケトン体エンジン-糖質制限の素晴らしさ

高性能なケトン体エンジンの働きを世界で初めて解明した宗田哲男先生。

「朝はしっかりお米を食べないとだめよ」
=「脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖」というこれまでの常識を覆したのです。(常識参考:農水のHP、下手な医者より読者の方が詳しい、学会からの大批判等が記載されています)

その経緯、理論を著したのが
「ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか」です。


ケトン体=高効率エンジン!

糖質を摂らない

血糖値が上がらない

脂肪酸がミトコンドリアのケトン体回路に入りケトン体ができる

ケトン体が脳のエネルギーになる

ケトン体のおかげで糖質制限ができ、どんどん健康になれるんですね。
理解し納得できると、糖質制限がよりやり易くなります。



真の名医とは。

本当の名医とは何でしょう。
メディア露出度でも大病院でもありませんね、それはすでに常識です。
世の中の本質を知れば、当たり前のことです。

藤澤重樹先生は素晴らしいです。

「患者は自分の意見をきちんと言わなければならない、喧嘩をしなくちゃいけない。」とおっしゃいました。

先生に言いたいこと言えていますか?
喧嘩できますか?

こんな先生まず居ないでしょう。
大抵、医者は上から目線で意見どころか質問さえしてくれるなオーラが出ていますね。

藤澤先生のすごさはここからが本領です。

いつでも患者に寄り添い、患者中心ですから、治療内容も患者次第です。
何でも用意はあります。が、強要はしません。

なので、「あったんだ!」ということもしばしば。
例えば、自分で勉強して漢方に興味が湧いた時がそうです。

治療でやりたいこと、提案、不安、何でも相談に乗ってくださいます。


それから、SNSを駆使しての患者とのまめなコミュニケーションです。
患者との交流会や全く関係のないイベント等にも積極的に参加されます。

多くの患者が藤澤先生を慕い感謝して止みません。

こんなに患者に寄り添った医者はどこにも居ないでしょう。
利益度外視、正直心配になるぐらいのボランティアの域で日々患者に応えてくださいます。

多くの患者が長いこと苦しんで来て、漸く藤澤先生に出逢い笑顔を取り戻しています。
私もその一人です。

アトピーでもちゃんと生きられる道があったんだ・・・。

患者に寄り添い、現状に甘んじず日々研究を続ける。

藤澤先生こそ、真の名医です。






世の中の本質を理解する重要性

ステロイド治療とは何なのか?
ステロイド治療がなぜアトピーを完治できないのか?
なぜ自分がステロイド治療をしているのか?
なぜ医者はステロイド薬を出すのか?
なぜ完治できないステロイド治療が標準治療になっているのか?
標準治療とは何なのか?

こんな疑問を持ったことはないですか?
もし持ったことがない場合は、今すぐに持ってください。
それが苦しみから逃れるための一歩だったからです。
何の疑問も持たずに、医者の言うままにおりこうさんにしていると、馬鹿を見るのは自分だからです。

治すのは自分です、治す身体は自分のものです。
自分が主体にならないと治せないのです。

その医者は自身がアトピーではないですよね?
だったらあなたの苦しみは理解できないのです。

骨が、血が、痒いような痒み、目をえぐり取りたいほどの痒さ。
意識を失いかける痒みやほてり、血の匂いや汁の匂いの不快感。
皮膚の貼らない爛れの痛み苦しみ。
皮膚の異常な強張り感、脆さ、止まらない剥がれ。
傷口に塩ほどの激しい痛み。
歩けばパラパラ触ればパラパラてんこ盛りの激しい落屑。

医者がステロイドを処方するのはそれが「標準治療」だからです。
アトピーを完治できるからではありません。

標準治療とは何ですか?
患者のためのものではありません。

まずは世の中のしくみ、本質をきちんと知ってください。
きちんと把握しなければいつまでも苦しむだけです。

その上でいつも自分のために、正しい選択をしてください。

点と点が繋がり、自分がいつの間にかまんまと、すっかり被害者になっていたことに気が付くんです。

アトピーにステロイド治療は間違っています。
年々、成人のアトピーが難治化している現実。
ステロイド治療が出てから年々、アトピー患者が増えている現実。
ついに日本人の1割と言われている患者の数。

どうか正しい医者を選択してください。
自分のため、家族のために。


↓内海先生はFBやSNSのアカウントを強制的に閉鎖させられては復活させるといういたちごっこをしているそうです。それほど「やばい」影響力のある知識人です。










↓船瀬俊介さんは藤澤先生の講演会時に前座?ゲスト?出演されていました。命がけのジャーナリストです。




↓苫米地英人先生はお爺様の代から大物、政財界に影響力のある名家出の機能脳科学者で、著書多数。
「やばすぎる」のでメディアには出られません。
お勧めは、唯一わりと自由報道である東京MXTV「木曜ダンディ」。21時20分前後の「苫米地先生の解説」は必見です。


↓人気だったのにアメリカでついに詐欺罪で逮捕されたようです。友人から一回借りて読んだのですが、逮捕されてからその信憑性が増し!買っちゃいました。








油の選択は非常に重要

油の選択は非常に重要です。

その油をかえなさい!より
「オメガ6から作られるアラキドン酸はロイコトリエンという物質を生成します。・・・ロイコトリエンが引き起こすかゆみの強さはじつにヒスタミンの1000倍ともいわれ、気管支喘息を誘発することも指摘されています・・・現代人は総じてオメガ6をとりすぎており、無自覚のうちに体内で無用のアレルギー反応が起こるようにしている・・・」

積極的にオメガ3(荏胡麻や亜麻仁や紫蘇)を摂取します。
しかし高温調理には、バター等の飽和脂肪酸かオメガ9(菜種やオリーブ)を使用しましょう。
酸化ガチガチの油やトランス脂肪酸等は、問題外です。

本気で健康に綺麗に治したいのなら、油のお勉強はこれ1冊で完璧です。


アトピーフレンドリーな洗顔フォーム

洗顔は、湯せんで十分です。
しかし化粧の後は必要ですね。
良いのが出ています、泡になっているのでふわっとつけるのみ!
もう、他は使えないです。



アトピーの治し方(2)

藤澤先生よりのご指導を許可をいただいて転用しています。

⭕アトピーの治し方ABC 2

●入浴は控えめにする「風呂断ち」がよい
 皮膚の表面には汗と皮脂が混じってできる皮脂膜と垢(あか)から構成される保護膜が皮膚のバリアになっています。長風呂すると、この大事なバリアが流されて、皮膚が乾燥しやすくなり、アトピーの発症の原因になる皮膚のバリア機能をわざわざ低下させてしまうことになります。感染症への抵抗力も落ちてしまいます。
 風呂に入る回数を減らし(週に2~3回程度)、入るときはタレントのタモリさんが勧める「タモリ式入浴法」を実践してください。タモリ式入浴法とは、ボディソープや石けんを使わず、10分ほど湯船につかるだけというものです。これでも十分に汚れは取れ、肌はつるつるになります。


●脱ステロイドによるリバウンドは大変
 ステロイド軟膏を突然止めると、殆どの患者に激しいリバウンド症状が現れます
 それまでステロイドによって抑えられていた炎症が倍返しで悪化するため、うろたえ困惑する人もいます。皮膚がヤケドのように赤く腫れ上がり、いたるところから浸出液が染み出てジュクジュクし、激しいかゆみが続きます。
 眠れなくなり、疲労感や食欲不振なども現れ、普通の生活が困難になるケースもあります。
 しかし、こうした激しいリバウンドはいつまでも続くものではなく、必ずおさまる時期が来ます。そしてその後は、緩やかに改善に向かっていきます。問題は、このリバウンドをどのように乗り切るかです。
 想定外の激しいリバウンドに耐えられず、その上ステロイドに対する依存が強いため、迷いや不安が募ってステロイド治療に戻ってしまうこともあります。その結果、ステロイド依存性皮膚症とアトピーは改善されることなく、治り難くい状態が続くことになりかねません。
 リバウンド中、痒みを抑えるために抗ヒスタミン剤や亜鉛華単軟膏などを処方します。ケーキや生鮮食品についてくる保冷剤をハンカチやガーゼなどで包み、患部に当てると、痛み、腫れ、かゆみなどが即効的に軽くなります。光線療法も効果を発揮します。


●浸出液の湿疹の回復を早くする1枚ガーゼ療法
 アトピーが悪化すると、湿疹やかき傷からジュクジュクした浸出液が出ます。この滲出液には、皮膚の回復・再生に役立つ蛋白質や成長ホルモンが含まれており、皮膚の再生を促す役目もあります。固まるとかさぶたになり傷を保護します。この浸出液をむやみに拭き取らず、患部の大きさにトリミングしたガーゼを1枚はってください。こうすれば、時間とともに浸出液はガーゼごと固まり、かさぶたと同じ効果が発揮されます。そのあとは、自然にはがれるのを待ちます。ガーゼは必ず清潔なものを使ってください。


●生活上の注意
肉、魚、卵、乳製品、大豆製品の蛋白質をとる。皮膚の修復や再生に関わる栄養素は蛋白質です。蛋白質からなる浸出液や鱗屑・落屑が増えると、血中の蛋白質が減ります。ですから、肉、魚、卵、乳製品、大豆製品などで、良質の蛋白質をしっかりとりましょう。同時に糖質を制限した食事により、アトピーの炎症はさらに軽減します。
表皮細胞間に水が溜まった状態、すなわち海綿状態(spongiosis) が起こっているのがアトピーの皮膚炎の本質です。何らかの不都合のために皮膚炎が起こるのですが、この皮膚炎を抑える方法の一つに湿疹のもともとの原因の水分制限をするという方法があります。特に治りにくい成人アトピーで効果があります。
運動して汗をかく。「アスリートにアトピーなし」といいます。ウォーキングで十分です。適度な運動を続けると、皮膚の血流がよくなることで皮膚炎は修復されやすくなります。ストレスも緩和され、自律神経が安定します。汗をかくとその成分で皮膚のバリア機能が強化されます。


●心構えはとても大切「これ以上悪くならない」という開き直りが大事
 アトピーの症状ほど、気持ちの持ち方に大きく左右される疾患はありません。過労や受験勉強で強いストレスが続き、不安が強くなると、さらに症状が悪化します。強いストレスによって自律神経のうちの交感神経支配が優位になり、顆粒球という白血球が増えるからです。顆粒球は、体の末梢で活性酸素を放出し、炎症や組織の破壊を進めます。
 不安を鎮めるには、アトピーの症状のある今の自分をありのままに受け入れることです。アトピーの患者さんには、心が優しく、繊細でまじめな人が圧倒期に多いという特徴があります。アトピーが根本的に治らないのは、自分の体質や生活のせいではなく、今まで受けてきた治療に問題があったからです。ですから、開き直って自分を責めたりせず、「これだけ悪くなれば、あとはよくなる一方だ」と思えば、不安が解消し、気持ちが楽になります。







アトピーの治し方(1)

藤澤先生よりのご指導内容を許可をいただいて転用しています。

⭕アトピーの治し方ABC

●アトピーはステロイドを使うと悪くなる
 アトピー性皮膚炎の治療はステロイド軟膏が主に使われます。この薬がアトピーに使用されるようになっておよそ60年。ステロイド軟膏の使用量は、年々右肩上がりに増えています。
 臨床医が好んで使うステロイドの使用量が増えたのだから、アトピー患者は減ったのでしょうか。いいえ、減るどころか、昔は殆どいなかった大人のアトピーが激増してしまいました。
 ステロイドが使われるようになってから18年後の1972年に京都市、41年後の1995年に滋賀県大津市で、それぞれアトピーにかかっている人の割合(有病率)が調べられています。それによると、どちらも乳児のアトピーの有病率は変わらず、30%です。30%という数字はかなり大きく、赤ちゃんの湿疹が普遍的なものであるということを意味しているともいえます。
 そして問題なのは、これらの調査で18歳の有病率が23年間で約5倍に増えたということです。さらに最近2008年の厚生労働省の調査では、50歳でも5%の人がアトピーに罹患していました。60歳以上の年齢の人ならわかりますが、昭和30年代までは、小学、中学そして高校にも、アトピーの生徒は殆どいませんでした。本来アトピーは多くが乳幼児期に発症し、小学校に入る前には治ってしまう病気です。ステロイドのなかった時代、アトピーは子どものうちに治る病気でした。ところが今はどうでしょう。アトピーは自然治癒しなくなり、大人のアトピーが増え続けています。それに相関して増えたのがステロイドの生産量です。
ステロイド軟膏は強い抗炎症作用で皮膚炎を即効的に抑えますが、アトピーを自然治癒させることには全く貢献しません。むしろ逆です。皮膚の萎縮やバリア機能の低下といった見過ごせない副作用が多々あり、なかでも効果が減弱することが問題になります。使い続けるうちに効かなくなり、薬の使用量が増え、強い薬に変わっていきます。その強い薬も、やがて効かなくなるという悪循環に陥ります。
 もっと厄介なのが、使った分だけ薬理作用も含めてその副作用が累積することです。たまにしか使わなくても、それが長期間にわたれば危険である所以です。
 英国の皮膚科学教授のコーク医師は「強いステロイドなら3日、弱いものでも6週間使い続けると、皮膚のバリア機能が低下する」と述べています(2009年論文)。皮膚のバリア機能とは、皮膚の水分を保ったり、外からの刺激物の侵入を防いだりする機能のことです。このバリア機能の低下が、アトピーの発症に大きく関与していると、コーク博士は指摘しています。


●大人のアトピーはステロイド依存性皮膚症が併発
 治りにくい成人アトピーの多くは、本来のアトピー性皮膚炎にステロイド依存性皮膚症が併発しています。ステロイド依存性皮膚症とは、ステロイドを塗れば皮膚が機能しますが、それがなければ普通に機能できない状態のことです。こうなると、なかなかステロイドを止められませんし、アトピーも重症化するばかりです。かといって、ステロイドを急に止めると、激しいリバウンドが起こります。それがつらく、依存症もあるためステロイド治療を中止できない患者も少なくありません。
 脱ステロイドでリバウンドを乗り越えると、ステロイド依存性皮膚症は徐々に改善します。 くり返しますが、アトピーは何もしなくても自然治癒する病気です。ステロイド使用でかえって治りにくくなるという確固たるエビデンス(証拠)は多数存在します。
 私はステロイドを使わずにアトピーの治療をしていますが、ステロイドを使ったことのある患者と、使ったことのない患者の治癒率を調べると、非使用者の方がはるかに良好です。一度ステロイドを使うと、止めた後も改善に時間がかかり、将来再発するリスクも残ります。ですから、初めからステロイドを使わないか、使わざるを得ない時もなるべく早く止めるような治療プランを計画するべきです。


●アトピーは軟膏と保湿を止めないと治らない 『脱軟・脱保湿』
 脱ステロイドとともに実践してほしいのが「脱保湿」です。アトピーの治療に、保湿は常識のように考えられています。しかし、皮膚の表面には、感染や乾燥から皮膚を守る天然の保護膜があります。保湿剤で一時的に皮膚は潤いますが、使い続けるうちに皮膚が保湿剤に依存し、皮膚本来の保湿機能がスポイルされてしまいます。
 脱保湿の提唱者阪南中央病院皮膚科部長の佐藤健二医師の調査では、アトピー患者28名のうち脱ステロイドだけで改善したのは12名(42・9%)でしたが、それに脱保湿を加えたら、26名(92.9%)が改善しました。
 多くのエビデンスも、治り難い成人アトピー例に脱ステロイドと脱保湿を併用すると、アトピーが格段によくなることを示しています。つまり、何も外用しないことが、アトピーの最良の治療なのです。

藤澤先生推奨「糖質制限」と「MEC食」

アトピーさんは特にアイスが大好きです。
でも砂糖は、大敵。
砂糖は万病の元、今や常識となっています。

医者や意識の高い人たちは糖質制限を実践している方が多いそうです。
脳が働く、体が軽い、気持ちがポジティブに、等、効能は数知れず。

一方、強靭な細胞をつくるのには蛋白質と脂質がとても重要です。
MEC食=肉卵チーズ 


藤澤先生推奨本


先生も寄稿されています













死ぬ前に、豊富温泉で湯治を。

本当に、死ぬ前に豊富温泉へ!!


豊富温泉湯治コンシェルジュ







野菜➕菌活➕MEC食➕糖質制限がベスト

脱ステ7年目になりました。

紆余曲折を経て結局、
「食べたものがそのまま血液になる=体になる=栄養バランス重要=食事内容は重要
という結論に達しました。

当たり前なようで、意外と盲点がありました。

お弁当に冷凍食品を詰めていたことでさえ、反省中です。
加工食品の添加物は盲点でした。

今はなるべく加工品や添加物を避けた食事を心がけるようになりました。
そして毎食使用する調味料と油は最重要ポイントです。

基本の食事は、野菜➕菌活➕MEC食➕糖質制限です。

菌活はもはや常識ですね。
乳酸菌とビフィズス菌、納豆菌等で腸を元気にすること。

皮膚を作るのに最も重要なのがタンパク質です。
MEC=肉卵チーズ をしっかり食べています。

そして糖質は極力避けます。
お菓子や砂糖は食生活からなるべく排除です。

でも!たまーに、食べちゃいます。
お菓子やアイス、麺類は我慢できますが、
大好物のパンやサンドイッチ(なるべく国産小麦や全粒粉)、特にハンバーガー(*´ω`)┛は良しとしてます。
14食(2食/日)に2−3食は、良しとしちゃっています。

特に女性はホルモンバランスが重要なので、あまりストイックな糖質制限はお勧めしません。
一度ストイックに穀類も果物も大好きなパン等穀類も全て糖質全般を抜いてやったら体重が激減、激やせ、生理が止まりました。
マラソン選手のようになってしまったんですね、恐らく。
女性は女性ホルモンのことも考えるべきですね。

ところでなぜ糖質制限が良いのか。

藤澤先生大推薦本↓↓

ケトン体!


強者も糖質制限。


MEC食













奇跡の温泉、豊富温泉

奇跡の温泉、豊富温泉です。
アトピーや乾癬で苦しんでいる方必読書。
人生諦める前に、行ってみてください!

豊富温泉の公式本が出ました!↓



地獄の真夏を乗り越えて秋風がようやく心地良いですね、でも・・

地獄の真夏は越えてようやく外を歩くのが苦でなくなりましたが皆さまはいかがですか?

しかし、真夏の汗疹の引きずり?と急激な乾燥でちょっとまた別の症状がでています。
とにかく乾燥が激しくて、粉吹き症状が出て来ましたね。
私は太ももが鳥肌状態になり、無性に痒くなり、感覚としては軽く掻いていたのですが、いつの間にか鳥肌が赤くなってしまいました。
しかし、脱ステ経験者としては、こんなものは放置して治します。

構造はこうです。

乾燥→痒み&鳥肌→掻く→地味に浸出液か出血→放置→鳥肌の粒一つ一つにかさぶた→乾燥→・・・・・・・

掻く前に保湿をしたら良いと思いがちですが、それは正常な皮膚の場合です。
アトピー性の皮膚は感覚が違います、これは自分の感覚がそうだからわかるのですが、
保湿クリームを塗ると、「蒸れる」感覚に陥って、気持ちが悪いんです。不快感極まりない。
でも粉吹き放置ではあまりにもっていう時、外出時等は、化粧水を塗っちゃいます。
クリームよりはまだ、軽くて不快感減なので・・・。

特に、浸出液自体が蓋の役割をしてくれているので、蓋の上にクリームで蓋をする=二重の蓋→蒸れる→悪化
なんだと思います。
脱ステは脱保湿も原則ですが、脱保湿の効果が今は感覚で分かります。

病気は自分の「感覚」が大事だと思います。 
医者がどんなに理論付けてそれらしい事を言っても、当事者しか分からない「感覚」があります。
そしてアトピーの場合は「皮膚が何となく楽」という「皮膚感覚」を大事にすると良いと思います。

カラッとした晴れの日は皮膚が非常に「楽」です。
10月~11月が皮膚感覚としては良い時期ですがいがかでしょう。

ステロイド不使用がすでに5年半続いております。
全く問題はありません。
もしまたすっごい悪化したら豊富温泉があるし!
アトピーにステロイドは不要です!!






聖地「豊富温泉」から帰宅、東京汚染の汗疹で悪化

1.5ヵ月の滞在で聖地を去ること僅か1週間あまりで悪化してしまった。
というのも、東京のこの猛暑と湿度と空気で汗疹が・・おそらく紫外線で、顔が赤くなってしまった。
痒みとヒリヒリが始まった。
日焼け止めと帽子と日傘でもやられてしまった、恐るべし紫外線。

せっかくきれいになったのに・・・

しかし、今回で「豊富に行けば綺麗に落ち着く」ことが判明したので、それだけでも心が安らぐ。
実際、皆何回も繰り返し繰り返し湯治に来ている。
なので、仲良くなった人たちとは連絡を取り合って、「悪化してる」「来月温泉行くよ」「まだ居る?」等と情報交換をしている。

8月終盤で豊富はもうすっかり秋の雰囲気らしい。
7月の豊富は本当に最高だった!
豊富には心から感謝しています。

またその時まで・・・

とりあえず、東京生活に戻ります。
汗疹だけなら涼しくなればおさまるはずだから・・・。

豊富町、エーデルワイスで起きる!

豊富町生活で感動したことの一つに、

朝07:00は「エーデルワイス」で目覚め、
昼12:00は「エリーゼのために」でランチにでかけ
夜17:00に「夕焼け小焼け」でお家に帰る。

かどうかは知りませんが、町役場から音楽が流れて来ます。
こんな長閑な町がまだあったのね、何て優雅な時間なのしから・・・・・。

脱ステ直後のリバウンド地獄と10ヵ月後の天国。

アトピー治療にステロイドはもう勘弁。

脱ステ開始後の第1次リバウンドの様子。
ステロイドを止めたため、全身からステロイド依存の反応が出てきます。
しばらく社会生活は送れません。
地獄の辛抱の時。

逧ョ閹夂オ碁℃2009+059_convert_20091216102801
皮膚経過2009 033
6.jpg
-4.jpg



↓10ヵ月後の奇跡!!
この後一度もステロイドを塗っていないです。
それでも汗疹や多少の悪化程度で済み、社会生活が普通に送れるようになります。
地獄の後の天国です。


脱ステ1年 足
脱ステ1年 手




脱ステ5年目、まさかの第2リバウンド
(強いストレスをきっかけに5年〜10年目ぐらいに来るらしいのですが、第一次よりは比べ物にならないほど軽度です。)↓
第2リバウンド



豊富温泉治療10日目ですっかり傷と浸出液、赤みも痛みも無くなった!
第2リバウンド腕

豊富温泉治療ですぐに綺麗になる程度のリバウンドで済みました。
引き続きステロイド無し、の生活を続けています。

豊富温泉宿泊施設

豊富駅、豊富町中心街から自転車で30分、車で10分弱ほどのところに「ふれあいセンター」があり、その周辺徒歩圏に宿泊施設が集まっている。
温泉街にはスーパーやコンビニが無い(商店が1件あるが・・)のでちょっとした買い物、食材等を買うには車が必要。

豊富駅 (2)
↑無人駅
豊富町
とよとみ駅板


牛
豊富空
坂の上の雲ロケ地
↑豊富中心街と温泉街の間にはこんな長閑な景色が続く!




温泉街入口
温泉街
↑温泉街入口と夜はオレンジ色の電燈が幻想的




センター
ふれせん
ジンギスカン
↑湯治場の中心、聖地「ふれあいセンター」と食堂の名物ジンギスカン



・「ホテル豊富」・・・最大規模、温泉あり、朝食ブッフェで栄養たっぷり摂取可能、湯治より観光客重視の印象、所謂「田舎のホテル」で都会と同じサービスを期待してはいけない。イラついている観光客をちらほら発見。フロントは美人揃い。
ホテル豊富
雪の豊富
ホテル豊富夜
ホテル豊富夜2
ホテル豊富部屋
ホテル豊富朝
↑朝食は毎日同じブッフェで膨満感






・「ホテルニュー温泉閣」・・・女将さんが素敵ですごい働いている、イケ面若旦那さんもとても感じが良い。料理も美味しくて湯治客の間では一番人気かな。レストラン、温泉あり。ただしバス&トイレ共同。
温泉閣ランチ
↑併設レストランでのランチ
温泉閣1
温泉閣2
温泉閣3
↑夕食
温泉閣5
↑朝食も毎日異なるメニュー



・「川島旅館」・・・素敵なおじい様がトレードマーク?イケ面の若旦那さんが居る。おじい様曰く、湯治客重視で改装予定らしい。プリンが有名。温泉あり。バス&トイレ共同。


・「ホテルウィン」・・・コンドミニアム(中長期滞在ホテル)型で、部屋に簡易キッチン冷蔵庫完備。食事付も可能。広い部屋にネット環境、ユニットバス付き、綺麗でとても良い。ただし長期で居るとなると決して安くはない。温泉無し。
ウィン


・「湯快宿」・・・中長期滞在のお財布には優しい格安タイプ。共同キッチンで自炊。温泉無し。

・「湯の花荘」・・・超長期滞在者に、人気。古いのとぼっとん便所が難点か。温泉無し。

夏場はシーズンで観光客もわんさか来るので宿が非常に取りにくい。
私も皆、毎日宿を転々と移動していた。
シーズン時は(安い湯治パック客より)観光客優先に調整している感が否めないが仕方ないでしょう。
しかし朗報!近く湯治用施設が改装オープン予定とか。

豊富温泉の楽しい湯治生活

所謂、温泉総合施設である「ふれあいセンター」に湯治湯と一般湯があるので主にそこで湯治をする。
湯治湯は38℃ぐらいの低温設定なので一回に1時間ぐらい浸かる×朝昼晩3回程度入るのが定番。
慣れた頑張り屋さんは朝昼晩晩の4回。

私も初めて入った時は45分で貧血症状を起こしたが、その後は小慣れたもんで1時間~1時間半×3-4回で快適。
読書する者、おしゃべりする者、寝る者、様々。
同じ病気で、同じ痛みも悩みも辛さも共有できる湯治客同士はみなすぐに仲良くなる。
特に女子風呂はいつも賑やか。
老いも若きもみんな全国各地で頑張って生きてるのね、とても心強くなる瞬間である。
少ない時は1人で貸し切り状態、多い時は20人ぐらいが猿のように浸かる。
アトピーと乾癬の湯治客がほとんどだが、一般風呂の温度が熱いので湯治用に入って来る健康な方も居る。
何となく嫌よね。
湯治客は気兼ねして普通の温泉に入れない悩みを抱えているのに。

ところで豊富温泉の魔法のお湯は黄土色で油分が激しい。旅番組で清水国明がめちゃ嫌がって居た?笑
どろどろで臭いもある、みたいだが、慣れたら何とも違和感が無くなってしまった。
場合によっては置いてある原液をべたべた塗ってもOK。
私も塗っていた、合う感じがしたが、主に乾癬の患者が塗るようである。

入浴後はやはり体力消耗するので、休憩場で1時間ぐらい休息をする。

2Fの「コンシェルジュ」では常駐のザッキー&あゆみちゃん(美男美女)が何でも相談にのって下さるし、本もネットもレンタカー、レンタル自転車、何でもある。
「コンシェルジュ」主催のイベントも盛り沢山、フットパス(歩こう会)やバーベキュー、卓球、星空観察ツアー、等様々に企画して下さっている。
さらに、無料のヨガ教室が常時開催されており、これが本当にありがたくて素晴らしい。
インストラクターのまなみん先生(ひまわり!)も元湯治客なのだがとっても素敵なお姉さんで説得力のある丁寧な指導が大人気。
そして具合が悪くなれば常駐の保健師まゆみんさん(天使!)が居らっしゃるので安心。まゆみんさんを通じて藤澤先生とスカイプ相談をさせて頂くことができました。
お忙しい合間を縫って、藤澤先生はこのような対応もして下さいます、感動です。


このように、豊富温泉の湯治は「湯治」と言っても、「風立ちぬ」の直子のような暗い悲しい切ない・・イメージでは全くなく、
同じ悩み痛みを共有できる仲間達と楽しく過ごせる、明るい機会です。

これも全て、豊富温泉の魔法の湯とそこで働いている方々、町役場等運営している方々関係者等のお陰さまさまですね。

あ、そうそう、食堂のジンギスカンは天下一品ですよ。

驚異の「豊富温泉」効果!

3月に4泊5日のクラブツーリズム主催湯治パックで行った時は、
春になり首の後ろが少々悪化気味かなという軽度の症状だったのでお試しの気持ちで行ってみた。
帰る頃に首の後ろがなめらかになったので驚いた。
しかし、帰宅後まもなく元に戻ってしまった。

しかし、今回6月の長期湯治では驚愕の効果を得られた。
6日目あたりでなんと、皮膚が貼らなくて浸出液べたべただった肩に皮膚が貼り出したのだ!!!!!!!
浸出液はみるみるなくなり、皮膚が再生された!!
まさに、Oh my god!!!!!!!! It's miracle!!! Amazing!! です。
2週間ですっかり再生、再生どころかすっかり健康な人と同じ「普通の皮膚」になった。
傷がなくなり、驚きのすべすべ肌。
あとは、色素沈着のみ。
色素沈着については、温泉で治すというよりはビタミンC等で時間をかけて抜くしかないのかもしれない。

豊富温泉は元々火傷治療から始まったしいので、まさに皮膚の再生能力は抜群だ。
地元のおばちゃんが言ってました。
「外科医も諦めた火傷の重症患者をここへ連れて来てお湯をかけてたら、1週間ほどで皮膚が再生され始めて、すっかり生活できるほどに復活したのよ」

だから、浸出液べとべとのじゅくじゅく肌にはもってこいのお湯です。
驚愕の皮膚再生能力があるので、早く行って下さい。
傷がどんどん塞がりどんどん楽になります。

私は仕事も辞めて来たので今回はのんびり1カ月半ほど滞在しておりました。
効果を実感するには少なくとも10日~3週間ぐらいが望ましいらしいです。
温泉の効能もさながら、豊富町の空気の良さと快適な温度湿度、転地、全てにおいて環境が抜群だったとも言えます。
特に7月の北海道、豊富は一年でも最も良い時期、それも大きかったのかもしれない。
本当に、肌感覚として、オーストラリアのゴールドコーストととてもよく似ている。湿気が無くてカラッとしていて、太陽の暑さだけを感じる、日影は涼しいぐらい。あの時もアトピーは落ち着いていてすっかり綺麗でした。

アトピーには好条件の豊富町。
アトピーっ子には聖地ですよ。

まさかの第2リバウンド!

5月、久々の激悪化。
全身の湿疹、広がるアザのような紫色、ついには肩や首、鎖骨回りから浸出液が噴き出した。
広範囲に皮が貼らない。
そしてひどく寒い、寒い。

5月、新緑の季節は通常一番調子の良い時期。

おかしい。

世の中が半袖に衣替えの中、一人ヒートテックに4枚ほど重ね着の通勤。

寒さと痛さ、の地獄。
リンパが滞る感覚が異様に辛くて長時間座って居られなくなる。

あの時ほどの地獄さに比べたら軽いが、まさに脱ステ後の症状と同じ。

藤澤駆け込み寺へ。
「第2リバウンド」
脱ステ開始後1-2年後に外的要因や強いストレスでバーンと来るらしいのです。
私の場合は5年目とちょっと遅い(あまりストレスを感じないタイプ?)ようですが、確かにここ半年間で熟成された、強いストレスが潜在意識にあったのかな、という心当たりはあります。

興味深い事に、水風船が弾けたようにいっきに浸出液が噴き出した日は、まさに人生を左右する大事な日でした。
その日その瞬間から悪化の一途を辿って行ったんです。
体って正直だ・・・。

思考と深層心理は別の動きをしていたのか...

とにかく、もうとてもじゃないが全てを終わりにして聖地豊富温泉へ!!

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。