FC2ブログ

プロフィール

マルガリータ

Author:マルガリータ
☆アトピー略歴☆
3歳 発症(その後消える)
11歳〜 (頭皮、首、脚、顔は軽め)
  ・食事療法
  ・ステロイド治療で首が紫色に
16歳 ハワイマウイ島転地療養ツア
   ー(某クリニック主催)参加
   10日間で突然綺麗になり感動
   これを機にハワイ旅行を繰り
   返し落ち着く、悪化した
   場合はステロイド使用
27歳 ハワイ長期滞在(3カ月)で
   完治状態
28歳 帰国後急激悪化
   ステロイド治療
29歳 オーストラリア長期滞在
   (1.3年)で完治状態
30歳 帰国後激悪化
   ・ステロイド大量使用
   ・頼みのハワイ旅行でも、
    激痛、低体温症、
    浸出液べとべとで
    悲惨な旅行となり、
    大ショック。絶望的。
   ・1月某四国の病院入院、
    ステロイド大量摂取
   ・2月運命の出会い!
    藤澤重樹先生の下、脱ステ
    開始!
31歳 10ヶ月のリバウンド地獄
32歳 完治状態、社会復帰
33歳 順調 
34歳 順調 
35歳 順調 
36歳 強烈なストレスによる
   第2リバウンド?で激悪化
   豊富温泉治療(1.5ヵ月)
   でまた完治状態!
   社会復帰するも、再度悪化で
   退職、再び豊富温泉治療
   (2週間)で復活
37歳 3度目の正直!
   豊富温泉治療(2週間)で
   復活!
   運動・食事・意識改革
38歳 ストレス悪化で豊富温泉
   治療(2週間)真冬の激乾燥で
   いつもより復活度悪く帰宅
39歳 ストレス悪化で豊富温泉
   (1ヶ月)


カテゴリ

リンク

ぽちってしてブログを拡散↓

楽天の方はこちらからサイトに入れます


developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年はアトピーを辞める

お正月のお料理は甘・・・ばかりで困りますね。
それにこの激しい乾燥で、辛い時期ですよね。
極度の乾燥による搔き壊し、で自分同様、辛い方も多いと思います。

でも負けずに、頑張りましょう。
まずは、目から鱗の魔法の言葉をどうぞ。

「今年はアトピーをやめる」
そう、意識改革がまずは重要です。
これは自分で「病気をやめる」ことなんですね。

まずは、アトピーの自分から離れ、なるべく皮膚を見る時間、皮膚への意識を減らす。
それには他のことで忙しくしていることが重要です。

外にいける方は外へ行く。
仕事ができる人は仕事に集中する。
家にいるなら、家事やネット、読書や映画、テレビ等に集中する。

痒いのは仕方がないです。
でも、何かに夢中になっている時って痒みも忘れていますよね。

なんとか乗り切りましょう。
今年は「アトピーを辞める」です。
スポンサーサイト

乳児湿疹にステロイド塗らないで!

乳児にステロイド塗っていませんか?
アトピーにステロイドは塗らないでください!
大変な人生が始まってしまいますから。

乳児のステロイド

どうか脱ステ医に相談してくださいね。

私が脱ステと出会ったきっかけ、藤澤先生の著書です。
人柄も素晴らしい先生のファンは多数です。
藤澤皮膚科は東京都の大泉学園駅にあります。







佐藤健二先生著書(関西方面の方へ)






隅田さちえ先生(広島方面の方へ)




パイオニア安藤直子さんの著書















アトピー患者の聖地豊富温泉の効果についての寄稿文

アトピー、皮膚病患者の聖地、豊富温泉について
藤澤先生が寄稿されています。
健康365 2016.8月

記事をダブルクリック等するとよく見えますよ。

スキャン 1
スキャン

豊富温泉メディア掲載 find travel

Find Travel様

http://find-travel.jp/article/31296

豊富温泉メディア掲載

豊富温泉の紹介記事です。

tripro VOICE様

http://blog.tripro.me/07032015toyotomionsen

乳児の洗い過ぎに注意です

乳児の入浴は週に2~3回で十分で、多くの場合は洗いすぎ。
By DANA WECHSLER LINDEN
THE WALL STREET JOURNAL
2014 年 11 月 5 日

乳児のアトピー性皮膚炎の原因をめぐる新たな所見を受け、一部の科学者は調査に乗り出している。親による乳児の皮膚の手入れ方法がこの皮膚炎の引き金となる可能性が示唆されたためだ。

 最新の複数の調査結果によると、アトピー性皮膚炎を引き起こす可能性があるのは、乳児の入浴頻度、せっけんやシャンプーの含有成分、入浴後に適切に皮膚を保湿しているかなどの要因だ。研究者は乳児の入浴は週に2~3回で十分で、多くの場合は洗いすぎかもしれないと指摘する。アトピー性皮膚炎になると、皮膚が乾燥し、かゆみを伴う炎症を引き起こす。

 科学者が確信を強めているのは、入浴や汚染物質、室内暖房などの環境要因が、皮膚内の水分を保持しアレルギー誘発物質や細菌を排除するといった皮膚本来の能力を妨害する可能性がある点だ。これにより皮膚の最外層のバリアが弱まり、外部からの刺激物質が皮膚に浸透することで免疫系反応を引き起こす。一部のアトピー性皮膚炎患者については遺伝子変異が皮膚のバリア機能を損なう可能性があることも判明した。

 アトピー性皮膚炎は長い間、アレルギー反応で起こると考えられていた。おそらく子供が食べたものや接触したものが、皮膚の炎症につながったという考えだ。ただ専門家は何十年もの間アレルギーをアトピー性皮膚炎の主犯と据えていた研究からは、ほとんど効果的な予防戦略を打ち出せなかった。

 オレゴン健康科学大学の皮膚科教授、エリック・シンプソン氏は「アトピー性皮膚炎の原因について理解が深まるにつれ、乳児の皮膚のケアの仕方にカギがあるとの見方が強くなっている」と語る。「私たちが良かれと思って赤ちゃんにしていることがアトピー性皮膚炎を引き起こしているのではないだろうか」と問う。

 このアトピー性皮膚炎は通常、乳児の顔や頭部に、小児の場合は肘の内側やひざの裏にも現れる。処方薬の軟こうはかゆみや赤みを緩和するが、治癒はしない。

 アトピー性皮膚炎は通常、乳児の肌がまだ発達段階にある1歳半を迎える前に発症する。数カ月、あるいは数年にわたり症状が出たり治まったりを繰り返し、たいてい青年期頃には消失するが、成人になっても続くケースもある。

23時就寝6時起床がベスト

23時就寝6時起床がベスト

なぜ、6時かというと、ヒトの体内時計は1日に25時間のサイクルで回ろうとしています。
現実の生活は24時間サイクルですから、毎日1時間、体内時計をもどす必要があります。
このリセットに最も大事なことは、朝方の日光であることがわかっています。
そして、体が起きる準備をするのにコルチゾールというホルモンが分泌されますが、これが最も多く分泌されるのが朝6時であることも理由にあげられます。by藤澤先生

真の名医とは。

本当の名医とは何でしょう。
メディア露出度でも大病院でもありませんね、それはすでに常識です。
世の中の本質を知れば、当たり前のことです。

藤澤重樹先生は素晴らしいです。

「患者は自分の意見をきちんと言わなければならない、喧嘩をしなくちゃいけない。」とおっしゃいました。

先生に言いたいこと言えていますか?
喧嘩できますか?

こんな先生まず居ないでしょう。
大抵、医者は上から目線で意見どころか質問さえしてくれるなオーラが出ていますね。

藤澤先生のすごさはここからが本領です。

いつでも患者に寄り添い、患者中心ですから、治療内容も患者次第です。
何でも用意はあります。が、強要はしません。

なので、「あったんだ!」ということもしばしば。
例えば、自分で勉強して漢方に興味が湧いた時がそうです。

治療でやりたいこと、提案、不安、何でも相談に乗ってくださいます。


それから、SNSを駆使しての患者とのまめなコミュニケーションです。
患者との交流会や全く関係のないイベント等にも積極的に参加されます。

多くの患者が藤澤先生を慕い感謝して止みません。

こんなに患者に寄り添った医者はどこにも居ないでしょう。
利益度外視、正直心配になるぐらいのボランティアの域で日々患者に応えてくださいます。

多くの患者が長いこと苦しんで来て、漸く藤澤先生に出逢い笑顔を取り戻しています。
私もその一人です。

アトピーでもちゃんと生きられる道があったんだ・・・。

患者に寄り添い、現状に甘んじず日々研究を続ける。

藤澤先生こそ、真の名医です。






アトピーの治し方(2)

藤澤先生よりのご指導を許可をいただいて転用しています。

⭕アトピーの治し方ABC 2

●入浴は控えめにする「風呂断ち」がよい
 皮膚の表面には汗と皮脂が混じってできる皮脂膜と垢(あか)から構成される保護膜が皮膚のバリアになっています。長風呂すると、この大事なバリアが流されて、皮膚が乾燥しやすくなり、アトピーの発症の原因になる皮膚のバリア機能をわざわざ低下させてしまうことになります。感染症への抵抗力も落ちてしまいます。
 風呂に入る回数を減らし(週に2~3回程度)、入るときはタレントのタモリさんが勧める「タモリ式入浴法」を実践してください。タモリ式入浴法とは、ボディソープや石けんを使わず、10分ほど湯船につかるだけというものです。これでも十分に汚れは取れ、肌はつるつるになります。


●脱ステロイドによるリバウンドは大変
 ステロイド軟膏を突然止めると、殆どの患者に激しいリバウンド症状が現れます
 それまでステロイドによって抑えられていた炎症が倍返しで悪化するため、うろたえ困惑する人もいます。皮膚がヤケドのように赤く腫れ上がり、いたるところから浸出液が染み出てジュクジュクし、激しいかゆみが続きます。
 眠れなくなり、疲労感や食欲不振なども現れ、普通の生活が困難になるケースもあります。
 しかし、こうした激しいリバウンドはいつまでも続くものではなく、必ずおさまる時期が来ます。そしてその後は、緩やかに改善に向かっていきます。問題は、このリバウンドをどのように乗り切るかです。
 想定外の激しいリバウンドに耐えられず、その上ステロイドに対する依存が強いため、迷いや不安が募ってステロイド治療に戻ってしまうこともあります。その結果、ステロイド依存性皮膚症とアトピーは改善されることなく、治り難くい状態が続くことになりかねません。
 リバウンド中、痒みを抑えるために抗ヒスタミン剤や亜鉛華単軟膏などを処方します。ケーキや生鮮食品についてくる保冷剤をハンカチやガーゼなどで包み、患部に当てると、痛み、腫れ、かゆみなどが即効的に軽くなります。光線療法も効果を発揮します。


●浸出液の湿疹の回復を早くする1枚ガーゼ療法
 アトピーが悪化すると、湿疹やかき傷からジュクジュクした浸出液が出ます。この滲出液には、皮膚の回復・再生に役立つ蛋白質や成長ホルモンが含まれており、皮膚の再生を促す役目もあります。固まるとかさぶたになり傷を保護します。この浸出液をむやみに拭き取らず、患部の大きさにトリミングしたガーゼを1枚はってください。こうすれば、時間とともに浸出液はガーゼごと固まり、かさぶたと同じ効果が発揮されます。そのあとは、自然にはがれるのを待ちます。ガーゼは必ず清潔なものを使ってください。


●生活上の注意
肉、魚、卵、乳製品、大豆製品の蛋白質をとる。皮膚の修復や再生に関わる栄養素は蛋白質です。蛋白質からなる浸出液や鱗屑・落屑が増えると、血中の蛋白質が減ります。ですから、肉、魚、卵、乳製品、大豆製品などで、良質の蛋白質をしっかりとりましょう。同時に糖質を制限した食事により、アトピーの炎症はさらに軽減します。
表皮細胞間に水が溜まった状態、すなわち海綿状態(spongiosis) が起こっているのがアトピーの皮膚炎の本質です。何らかの不都合のために皮膚炎が起こるのですが、この皮膚炎を抑える方法の一つに湿疹のもともとの原因の水分制限をするという方法があります。特に治りにくい成人アトピーで効果があります。
運動して汗をかく。「アスリートにアトピーなし」といいます。ウォーキングで十分です。適度な運動を続けると、皮膚の血流がよくなることで皮膚炎は修復されやすくなります。ストレスも緩和され、自律神経が安定します。汗をかくとその成分で皮膚のバリア機能が強化されます。


●心構えはとても大切「これ以上悪くならない」という開き直りが大事
 アトピーの症状ほど、気持ちの持ち方に大きく左右される疾患はありません。過労や受験勉強で強いストレスが続き、不安が強くなると、さらに症状が悪化します。強いストレスによって自律神経のうちの交感神経支配が優位になり、顆粒球という白血球が増えるからです。顆粒球は、体の末梢で活性酸素を放出し、炎症や組織の破壊を進めます。
 不安を鎮めるには、アトピーの症状のある今の自分をありのままに受け入れることです。アトピーの患者さんには、心が優しく、繊細でまじめな人が圧倒期に多いという特徴があります。アトピーが根本的に治らないのは、自分の体質や生活のせいではなく、今まで受けてきた治療に問題があったからです。ですから、開き直って自分を責めたりせず、「これだけ悪くなれば、あとはよくなる一方だ」と思えば、不安が解消し、気持ちが楽になります。







アトピーの治し方(1)

藤澤先生よりのご指導内容を許可をいただいて転用しています。

⭕アトピーの治し方ABC

●アトピーはステロイドを使うと悪くなる
 アトピー性皮膚炎の治療はステロイド軟膏が主に使われます。この薬がアトピーに使用されるようになっておよそ60年。ステロイド軟膏の使用量は、年々右肩上がりに増えています。
 臨床医が好んで使うステロイドの使用量が増えたのだから、アトピー患者は減ったのでしょうか。いいえ、減るどころか、昔は殆どいなかった大人のアトピーが激増してしまいました。
 ステロイドが使われるようになってから18年後の1972年に京都市、41年後の1995年に滋賀県大津市で、それぞれアトピーにかかっている人の割合(有病率)が調べられています。それによると、どちらも乳児のアトピーの有病率は変わらず、30%です。30%という数字はかなり大きく、赤ちゃんの湿疹が普遍的なものであるということを意味しているともいえます。
 そして問題なのは、これらの調査で18歳の有病率が23年間で約5倍に増えたということです。さらに最近2008年の厚生労働省の調査では、50歳でも5%の人がアトピーに罹患していました。60歳以上の年齢の人ならわかりますが、昭和30年代までは、小学、中学そして高校にも、アトピーの生徒は殆どいませんでした。本来アトピーは多くが乳幼児期に発症し、小学校に入る前には治ってしまう病気です。ステロイドのなかった時代、アトピーは子どものうちに治る病気でした。ところが今はどうでしょう。アトピーは自然治癒しなくなり、大人のアトピーが増え続けています。それに相関して増えたのがステロイドの生産量です。
ステロイド軟膏は強い抗炎症作用で皮膚炎を即効的に抑えますが、アトピーを自然治癒させることには全く貢献しません。むしろ逆です。皮膚の萎縮やバリア機能の低下といった見過ごせない副作用が多々あり、なかでも効果が減弱することが問題になります。使い続けるうちに効かなくなり、薬の使用量が増え、強い薬に変わっていきます。その強い薬も、やがて効かなくなるという悪循環に陥ります。
 もっと厄介なのが、使った分だけ薬理作用も含めてその副作用が累積することです。たまにしか使わなくても、それが長期間にわたれば危険である所以です。
 英国の皮膚科学教授のコーク医師は「強いステロイドなら3日、弱いものでも6週間使い続けると、皮膚のバリア機能が低下する」と述べています(2009年論文)。皮膚のバリア機能とは、皮膚の水分を保ったり、外からの刺激物の侵入を防いだりする機能のことです。このバリア機能の低下が、アトピーの発症に大きく関与していると、コーク博士は指摘しています。


●大人のアトピーはステロイド依存性皮膚症が併発
 治りにくい成人アトピーの多くは、本来のアトピー性皮膚炎にステロイド依存性皮膚症が併発しています。ステロイド依存性皮膚症とは、ステロイドを塗れば皮膚が機能しますが、それがなければ普通に機能できない状態のことです。こうなると、なかなかステロイドを止められませんし、アトピーも重症化するばかりです。かといって、ステロイドを急に止めると、激しいリバウンドが起こります。それがつらく、依存症もあるためステロイド治療を中止できない患者も少なくありません。
 脱ステロイドでリバウンドを乗り越えると、ステロイド依存性皮膚症は徐々に改善します。 くり返しますが、アトピーは何もしなくても自然治癒する病気です。ステロイド使用でかえって治りにくくなるという確固たるエビデンス(証拠)は多数存在します。
 私はステロイドを使わずにアトピーの治療をしていますが、ステロイドを使ったことのある患者と、使ったことのない患者の治癒率を調べると、非使用者の方がはるかに良好です。一度ステロイドを使うと、止めた後も改善に時間がかかり、将来再発するリスクも残ります。ですから、初めからステロイドを使わないか、使わざるを得ない時もなるべく早く止めるような治療プランを計画するべきです。


●アトピーは軟膏と保湿を止めないと治らない 『脱軟・脱保湿』
 脱ステロイドとともに実践してほしいのが「脱保湿」です。アトピーの治療に、保湿は常識のように考えられています。しかし、皮膚の表面には、感染や乾燥から皮膚を守る天然の保護膜があります。保湿剤で一時的に皮膚は潤いますが、使い続けるうちに皮膚が保湿剤に依存し、皮膚本来の保湿機能がスポイルされてしまいます。
 脱保湿の提唱者阪南中央病院皮膚科部長の佐藤健二医師の調査では、アトピー患者28名のうち脱ステロイドだけで改善したのは12名(42・9%)でしたが、それに脱保湿を加えたら、26名(92.9%)が改善しました。
 多くのエビデンスも、治り難い成人アトピー例に脱ステロイドと脱保湿を併用すると、アトピーが格段によくなることを示しています。つまり、何も外用しないことが、アトピーの最良の治療なのです。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。