プロフィール

マルガリータ

Author:マルガリータ
☆アトピー略歴☆
3歳 発症(その後消える)
11歳〜 (頭皮、首、脚、顔は軽め)
  ・食事療法
  ・ステロイド治療で首が紫色に
16歳 ハワイマウイ島転地療養ツア
   ー(某クリニック主催)参加
   10日間で突然綺麗になり感動
   これを機にハワイ旅行を繰り
   返し落ち着く、悪化した
   場合はステロイド使用
27歳 ハワイ長期滞在(3カ月)で
   完治状態
28歳 帰国後急激悪化
   ステロイド治療
29歳 オーストラリア長期滞在
   (1.3年)で完治状態
30歳 帰国後激悪化
   ・ステロイド大量使用
   ・頼みのハワイ旅行でも、
    激痛、低体温症、
    浸出液べとべとで
    悲惨な旅行となり、
    大ショック。絶望的。
   ・1月某四国の病院入院、
    ステロイド大量摂取
   ・2月運命の出会い!
    藤澤重樹先生の下、脱ステ
    開始!
31歳 10ヶ月のリバウンド地獄
32歳 完治状態、社会復帰
33歳 順調 
34歳 順調 
35歳 順調 
36歳 強烈なストレスによる
   第2リバウンド?で激悪化
   豊富温泉治療(1.5ヵ月)
   でまた完治状態!
   社会復帰するも、再度悪化で
   退職、再び豊富温泉治療
   (2週間)で復活
37歳 3度目の正直!
   豊富温泉治療(2週間)で
   復活!
   運動・食事・意識改革
38歳 ストレス悪化で豊富温泉
   治療(2週間)真冬の激乾燥で
   いつもより復活度悪く帰宅
39歳 ストレス悪化で豊富温泉
   (1ヶ月)


カテゴリ

リンク

ぽちってしてブログを拡散↓

楽天の方はこちらからサイトに入れます


developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊富温泉が医療費控除の対象に!

祝!豊富温泉が医療費控除対象施設になりました。
関係各位に感謝いたします。
ありがとうございます。

どういうこと??

平成29年7月4日、ふれあいセンターが温泉利用型健康増進施設に認定されました。
温泉利用型健康増進施設とは、
厚生労働省が定める一定の基準を満たし、
温泉を利用した健康づくりを図ることができる施設のことをいいます。
認定施設を利用して温泉療養を行い、
かつ以下の要件を満たしている場合には、
施設の利用料金、施設までの往復交通費について、
所得税の医療費控除を受けることが出来ます。
(豊富温泉コンシェルジュHPより転載)

豊富温泉コンシェルジュHPをどうぞ↓
http://toyotomi-onsen.com/shinsei


スポンサーサイト

豊富温泉の公式本が出ました!

死ぬ前に、豊富温泉。
昔の「2ちゃんねる」にこんな書き込みがあるそうです。
人生諦める前に行ってみてください。
同じようにアトピーや乾癬で苦しんできたたくさんの仲間が温かく迎えてくれる最後の砦です。
豊富町はますます力を入れて町ぐるみで取り組んでくださっています。
奇跡の温泉と奇跡の自然、癒しの町です。

          
              

また!豊富温泉に来ています。

長い間また更新せずに来てしまいました。
読んでくださっている方々、すみませんでした。
体調が悪いとつい、ずるずるとアップデートできない日々が続いてしまいます。

実は今また豊富温泉に来ています。
いつもながらに、最初の4日間ほどは激痛が走りましたが、その後はぐんぐん良くなっています。
朝まで眠れる幸せを噛み締めながら、日々を過ごしています。
9月は気温23℃前後湿度50%と晴天が続き、とても快適な日々でした。
下旬はぐっと気温が下がり、20℃を切り、最近は14℃まで下がりました。
湿度がないので本当に快適、空気が美味しくて最高です。





真冬の激乾燥が悪い!

聖地豊富温泉。
いつもは2週間居ればぐーんと良くなるのに、今回は思わしくない。
どうしたものかと考えた結果、いくつかの原因が判明しました。

1、真冬の乾燥
2、暖房の乾燥
3、高温の一般湯で体から水分が激しく取られた乾燥
4、低温の湯治湯でもやはり水分が取られた乾燥
5、菅の故障で加水をしている状況

今回は、入れば入るほど、皮膚が強張り剥がれ落ちる感じです。
入浴をお休みした日の方が楽です。

豊富温泉は元々、火傷の治療に効果があったことから、
劇的に効果があるアトピーの状態は、
浸出液が激しく出ているような状態の時だと思います。
ベトベトの症状はすぐ改善されます。
皮膚が貼ってくれるんですね。

今回も浸出液の部分は割りと落ち着きましがたが、
乾燥系の湿疹はダメでした。
強張りが激しすぎて痛いのです。

指先も、入らない、なるべく濡らさないようにした方が
皮膚が貼ってきますね。
指は本当に難しい!!!
時間がかかる。
キッチン仕事は手袋マストですね。

結論

真冬の乾燥悪化の場合は、おとなしく東京圏で頑張ることに。








真冬の豊富温泉必需品とは

真冬に来たのが初めてだったので、とても舐めて来たことを後悔してます・・・
持って来れば良かったもの、持ってきて良かったものをご紹介しますね。


・帽子(吹雪でも傘はさしません)
・耳ほっか(耳が切れそうに痛い!)
・手袋(無いのと有るのとでは雲泥の差)

・初日の夜ご飯(夜7時着、8時前になったらもう食べる所がなかった)

・部屋の乾燥対策(濡れタオルを干してましたが足りない)


湯快宿の方へ(自炊)

・石鹸
・ゴム手袋(食器洗い用)
・コロコロ(部屋に完備ですが足りない状況も)
・菜箸(1セットは完備あり)

・お気に入りの調味料(調味料は重要です)

 ↓私はこれらを持参しています。
 
 松田のマヨネーズ!すごくおすすめです、良いものしか使っていない上に、60代の母が懐かしい!と大絶賛でした。
 何だか懐かしい美味しさがあるらしいのです。



 沖縄の塩!


醤油!本物は大豆+小麦+食塩のみ ミニサイズ100mlは便利


砂糖を使う万が一に備えて


味噌も持ってきました 峰村醸造↓
http://www.minemurashouten.com/SHOP/MJM008.html


湯快宿はとても快適です!!

皮膚が激乾燥で痛!!

調子こいて、一般湯に浸かっていました。
だって、一般湯の方がが空いてるし広いしガラス越し雪見風呂だし、湯治感より旅行感が味わえるから!

しかし、あがった後は、
体から全水分が搾り取られたかのように、本当に砂漠の大地ように、ガピガピの激痛が続きました。

でも大抵いつも最初の4日間ぐらいは好転反応やら何やらとてもしんどいので
気がつかなかったのですが、冬はやはり湯治湯の方が良かったです。

冬の乾燥、部屋の乾燥、お湯が高温によることから来る乾燥・・・・。
トリプルパンチで悪化してしまったようでした。

藤澤先生に相談したところ、一旦お風呂やめてみましょう、と言うことでした。
少し休みましたが、せっかく温泉来て脱風呂!はもったいない気がして来たので、
時間と回数を減らし、湯治湯へ通いました。
昔は湯治湯2ー3時間平気で浸かっていたのですが、今回は長くても50分。
基本25分ぐらいにしておきました。

温泉は大変体力を消耗するので、実際2-3時間はNGです。
寝不足続き等で体調が万全でない時に、リンパ腺が大腫れして病院へ行った経験があります。

ところで今、1本の管が調子悪く加水をしているそうです。
雪が無くなる4月ぐらいまで直せないとのことで、ちょっと残念。

確かに、お湯のどろどろ感が無くいつもよりあっさりしているかな。
人によっては加水している分、塩素で痛みがあるようですよ。

温泉の詳細はここから


マイナス18℃でも都心より快適生活!

驚いたことに、豊富は日中でもマイナス8−10℃なんてざらです!
早朝夜は、マイナス18℃とからしいです。

しかし、温泉と湯快宿の往復なのでとても快適な日々を過ごせています。
熱くなった体を冷やすのに丁度よく、そして部屋の暖房もすぐ効いてくれるので、ぬくぬく。
正直、東京都心の生活よりずっと寒くない感覚です。

これが北海道の人が言う、「東京は寒い!」なんですね。
ほぼ車生活だし、東京みたいに電車のホームで寒さと戦う苦しさ!!が無い・・・。

温泉でお話しした隣町、羽幌町からのおばあちゃんが、
「10℃ってプラス?!+10℃?!そんなに暖かい所があるんだあ・・羨ましい・・。」
と、東京圏がこんな温度であることをご存知なくてこちらがびっくり!
「今朝は20℃だねえ、って話しているのよ、マイナスの世界なんて当たり前だから・・」って。
もはや、マイナスが当たり前の世界!
頭が下がります。
それにしても、これだけ寒くても長生きしてます、皆さん!







極寒の豊富温泉!

初!真冬の豊富温泉に来ています。
冬は暴風雪でフライトに影響が出るとの噂を聞いていたので、今回は札幌経由にて!

羽田8時15分発ADO015のフライト(往復¥19,480 安!)で新千歳空港へ。
JR¥1070 なーーんか徐行運転?で、札幌駅手前からとろっとろっ。
45分ぐらい乗っていた。

札幌駅でお楽しみランチ♪はPAUL Cafeにて。
普段は糖質制限をしているので、小麦粉はたまーのお楽しみ♪
特にパンは大好物でこのPAULのパンは大好物♪
しかもメイン料理を選んでパン食べ放題のカフェになっているので最高!

http://www.pasconet.co.jp/paul/index.html

至福の時間を味わいながら、ゆっくり札幌はぼろ号13時発へ乗る。
豊富行き11番乗り場側の12番乗り場に小屋があり、そこでチケットの支払い&受け取ります。
外国人観光客でごった返しているので負けないように注意です 笑
乗り場はESTAのビックカメラ2階から階段降りると着きますよ。

途中猛吹雪に見舞われ、前方は真白、窓の外も真白、そして黒い海!!
日が落ち真っ暗闇の中の海はとても恐怖です!

「雪と風がすごいのでね、ハンドル持って行かれるんですね。」
運転手さんがにっこり笑顔で、放送しています!!!!
素晴らしいです、何も見えないのにバスはぐんぐん駆け抜けます。

途中3回の休憩を挟みながら、ポツリポツリと降車客が出てきますが、
ど、どこに家があるのかしらん・・・という箇所も。
降車場には車でお迎えの家族が。
すごいなあ、色々な人生模様が垣間見られました。

そうこうするうちに豊富温泉へ到着。
この運転の素晴らしさに大変感銘を受けたので、厚く御礼を申し上げる。
が、一人熱くなっていただけのようで、大した反応もなくバスは走り去った・・・。

雪道なので札幌駅から5時間では足らず、6時間のバス旅でした。
帰りの飛行機は余裕をもっての予約が必要!です。

19時過ぎの到着。
チェックインして急いでお風呂へ!

長い長い1日が終わる。

豊富温泉の皮膚再生力のすごさ

豊富温泉の威力、ご覧ください。
皮膚再生能力が素晴らしいのです。

1日目
IMG_1993.jpg

10日目
IMG_2056.jpg



1日目
IMG_1994.jpg

10日目
IMG_2055.jpg

豊富温泉湯治


死ぬ前に、豊富温泉で湯治を。

本当に、死ぬ前に豊富温泉へ!!


豊富温泉湯治コンシェルジュ







地獄の真夏を乗り越えて秋風がようやく心地良いですね、でも・・

地獄の真夏は越えてようやく外を歩くのが苦でなくなりましたが皆さまはいかがですか?

しかし、真夏の汗疹の引きずり?と急激な乾燥でちょっとまた別の症状がでています。
とにかく乾燥が激しくて、粉吹き症状が出て来ましたね。
私は太ももが鳥肌状態になり、無性に痒くなり、感覚としては軽く掻いていたのですが、いつの間にか鳥肌が赤くなってしまいました。
しかし、脱ステ経験者としては、こんなものは放置して治します。

構造はこうです。

乾燥→痒み&鳥肌→掻く→地味に浸出液か出血→放置→鳥肌の粒一つ一つにかさぶた→乾燥→・・・・・・・

掻く前に保湿をしたら良いと思いがちですが、それは正常な皮膚の場合です。
アトピー性の皮膚は感覚が違います、これは自分の感覚がそうだからわかるのですが、
保湿クリームを塗ると、「蒸れる」感覚に陥って、気持ちが悪いんです。不快感極まりない。
でも粉吹き放置ではあまりにもっていう時、外出時等は、化粧水を塗っちゃいます。
クリームよりはまだ、軽くて不快感減なので・・・。

特に、浸出液自体が蓋の役割をしてくれているので、蓋の上にクリームで蓋をする=二重の蓋→蒸れる→悪化
なんだと思います。
脱ステは脱保湿も原則ですが、脱保湿の効果が今は感覚で分かります。

病気は自分の「感覚」が大事だと思います。 
医者がどんなに理論付けてそれらしい事を言っても、当事者しか分からない「感覚」があります。
そしてアトピーの場合は「皮膚が何となく楽」という「皮膚感覚」を大事にすると良いと思います。

カラッとした晴れの日は皮膚が非常に「楽」です。
10月~11月が皮膚感覚としては良い時期ですがいがかでしょう。

ステロイド不使用がすでに5年半続いております。
全く問題はありません。
もしまたすっごい悪化したら豊富温泉があるし!
アトピーにステロイドは不要です!!






聖地「豊富温泉」から帰宅、東京汚染の汗疹で悪化

1.5ヵ月の滞在で聖地を去ること僅か1週間あまりで悪化してしまった。
というのも、東京のこの猛暑と湿度と空気で汗疹が・・おそらく紫外線で、顔が赤くなってしまった。
痒みとヒリヒリが始まった。
日焼け止めと帽子と日傘でもやられてしまった、恐るべし紫外線。

せっかくきれいになったのに・・・

しかし、今回で「豊富に行けば綺麗に落ち着く」ことが判明したので、それだけでも心が安らぐ。
実際、皆何回も繰り返し繰り返し湯治に来ている。
なので、仲良くなった人たちとは連絡を取り合って、「悪化してる」「来月温泉行くよ」「まだ居る?」等と情報交換をしている。

8月終盤で豊富はもうすっかり秋の雰囲気らしい。
7月の豊富は本当に最高だった!
豊富には心から感謝しています。

またその時まで・・・

とりあえず、東京生活に戻ります。
汗疹だけなら涼しくなればおさまるはずだから・・・。

豊富町、エーデルワイスで起きる!

豊富町生活で感動したことの一つに、

朝07:00は「エーデルワイス」で目覚め、
昼12:00は「エリーゼのために」でランチにでかけ
夜17:00に「夕焼け小焼け」でお家に帰る。

かどうかは知りませんが、町役場から音楽が流れて来ます。
こんな長閑な町がまだあったのね、何て優雅な時間なのしから・・・・・。

豊富温泉宿泊施設

豊富駅、豊富町中心街から自転車で30分、車で10分弱ほどのところに「ふれあいセンター」があり、その周辺徒歩圏に宿泊施設が集まっている。
温泉街にはスーパーやコンビニが無い(商店が1件あるが・・)のでちょっとした買い物、食材等を買うには車が必要。

豊富駅 (2)
↑無人駅
豊富町
とよとみ駅板


牛
豊富空
坂の上の雲ロケ地
↑豊富中心街と温泉街の間にはこんな長閑な景色が続く!




温泉街入口
温泉街
↑温泉街入口と夜はオレンジ色の電燈が幻想的




センター
ふれせん
ジンギスカン
↑湯治場の中心、聖地「ふれあいセンター」と食堂の名物ジンギスカン



・「ホテル豊富」・・・最大規模、温泉あり、朝食ブッフェで栄養たっぷり摂取可能、湯治より観光客重視の印象、所謂「田舎のホテル」で都会と同じサービスを期待してはいけない。イラついている観光客をちらほら発見。フロントは美人揃い。
ホテル豊富
雪の豊富
ホテル豊富夜
ホテル豊富夜2
ホテル豊富部屋
ホテル豊富朝
↑朝食は毎日同じブッフェで膨満感






・「ホテルニュー温泉閣」・・・女将さんが素敵ですごい働いている、イケ面若旦那さんもとても感じが良い。料理も美味しくて湯治客の間では一番人気かな。レストラン、温泉あり。ただしバス&トイレ共同。
温泉閣ランチ
↑併設レストランでのランチ
温泉閣1
温泉閣2
温泉閣3
↑夕食
温泉閣5
↑朝食も毎日異なるメニュー



・「川島旅館」・・・素敵なおじい様がトレードマーク?イケ面の若旦那さんが居る。おじい様曰く、湯治客重視で改装予定らしい。プリンが有名。温泉あり。バス&トイレ共同。


・「ホテルウィン」・・・コンドミニアム(中長期滞在ホテル)型で、部屋に簡易キッチン冷蔵庫完備。食事付も可能。広い部屋にネット環境、ユニットバス付き、綺麗でとても良い。ただし長期で居るとなると決して安くはない。温泉無し。
ウィン


・「湯快宿」・・・中長期滞在のお財布には優しい格安タイプ。共同キッチンで自炊。温泉無し。

・「湯の花荘」・・・超長期滞在者に、人気。古いのとぼっとん便所が難点か。温泉無し。

夏場はシーズンで観光客もわんさか来るので宿が非常に取りにくい。
私も皆、毎日宿を転々と移動していた。
シーズン時は(安い湯治パック客より)観光客優先に調整している感が否めないが仕方ないでしょう。
しかし朗報!近く湯治用施設が改装オープン予定とか。

豊富温泉の楽しい湯治生活

所謂、温泉総合施設である「ふれあいセンター」に湯治湯と一般湯があるので主にそこで湯治をする。
湯治湯は38℃ぐらいの低温設定なので一回に1時間ぐらい浸かる×朝昼晩3回程度入るのが定番。
慣れた頑張り屋さんは朝昼晩晩の4回。

私も初めて入った時は45分で貧血症状を起こしたが、その後は小慣れたもんで1時間~1時間半×3-4回で快適。
読書する者、おしゃべりする者、寝る者、様々。
同じ病気で、同じ痛みも悩みも辛さも共有できる湯治客同士はみなすぐに仲良くなる。
特に女子風呂はいつも賑やか。
老いも若きもみんな全国各地で頑張って生きてるのね、とても心強くなる瞬間である。
少ない時は1人で貸し切り状態、多い時は20人ぐらいが猿のように浸かる。
アトピーと乾癬の湯治客がほとんどだが、一般風呂の温度が熱いので湯治用に入って来る健康な方も居る。
何となく嫌よね。
湯治客は気兼ねして普通の温泉に入れない悩みを抱えているのに。

ところで豊富温泉の魔法のお湯は黄土色で油分が激しい。旅番組で清水国明がめちゃ嫌がって居た?笑
どろどろで臭いもある、みたいだが、慣れたら何とも違和感が無くなってしまった。
場合によっては置いてある原液をべたべた塗ってもOK。
私も塗っていた、合う感じがしたが、主に乾癬の患者が塗るようである。

入浴後はやはり体力消耗するので、休憩場で1時間ぐらい休息をする。

2Fの「コンシェルジュ」では常駐のザッキー&あゆみちゃん(美男美女)が何でも相談にのって下さるし、本もネットもレンタカー、レンタル自転車、何でもある。
「コンシェルジュ」主催のイベントも盛り沢山、フットパス(歩こう会)やバーベキュー、卓球、星空観察ツアー、等様々に企画して下さっている。
さらに、無料のヨガ教室が常時開催されており、これが本当にありがたくて素晴らしい。
インストラクターのまなみん先生(ひまわり!)も元湯治客なのだがとっても素敵なお姉さんで説得力のある丁寧な指導が大人気。
そして具合が悪くなれば常駐の保健師まゆみんさん(天使!)が居らっしゃるので安心。まゆみんさんを通じて藤澤先生とスカイプ相談をさせて頂くことができました。
お忙しい合間を縫って、藤澤先生はこのような対応もして下さいます、感動です。


このように、豊富温泉の湯治は「湯治」と言っても、「風立ちぬ」の直子のような暗い悲しい切ない・・イメージでは全くなく、
同じ悩み痛みを共有できる仲間達と楽しく過ごせる、明るい機会です。

これも全て、豊富温泉の魔法の湯とそこで働いている方々、町役場等運営している方々関係者等のお陰さまさまですね。

あ、そうそう、食堂のジンギスカンは天下一品ですよ。

驚異の「豊富温泉」効果!

3月に4泊5日のクラブツーリズム主催湯治パックで行った時は、
春になり首の後ろが少々悪化気味かなという軽度の症状だったのでお試しの気持ちで行ってみた。
帰る頃に首の後ろがなめらかになったので驚いた。
しかし、帰宅後まもなく元に戻ってしまった。

しかし、今回6月の長期湯治では驚愕の効果を得られた。
6日目あたりでなんと、皮膚が貼らなくて浸出液べたべただった肩に皮膚が貼り出したのだ!!!!!!!
浸出液はみるみるなくなり、皮膚が再生された!!
まさに、Oh my god!!!!!!!! It's miracle!!! Amazing!! です。
2週間ですっかり再生、再生どころかすっかり健康な人と同じ「普通の皮膚」になった。
傷がなくなり、驚きのすべすべ肌。
あとは、色素沈着のみ。
色素沈着については、温泉で治すというよりはビタミンC等で時間をかけて抜くしかないのかもしれない。

豊富温泉は元々火傷治療から始まったしいので、まさに皮膚の再生能力は抜群だ。
地元のおばちゃんが言ってました。
「外科医も諦めた火傷の重症患者をここへ連れて来てお湯をかけてたら、1週間ほどで皮膚が再生され始めて、すっかり生活できるほどに復活したのよ」

だから、浸出液べとべとのじゅくじゅく肌にはもってこいのお湯です。
驚愕の皮膚再生能力があるので、早く行って下さい。
傷がどんどん塞がりどんどん楽になります。

私は仕事も辞めて来たので今回はのんびり1カ月半ほど滞在しておりました。
効果を実感するには少なくとも10日~3週間ぐらいが望ましいらしいです。
温泉の効能もさながら、豊富町の空気の良さと快適な温度湿度、転地、全てにおいて環境が抜群だったとも言えます。
特に7月の北海道、豊富は一年でも最も良い時期、それも大きかったのかもしれない。
本当に、肌感覚として、オーストラリアのゴールドコーストととてもよく似ている。湿気が無くてカラッとしていて、太陽の暑さだけを感じる、日影は涼しいぐらい。あの時もアトピーは落ち着いていてすっかり綺麗でした。

アトピーには好条件の豊富町。
アトピーっ子には聖地ですよ。

まさかの第2リバウンド!

5月、久々の激悪化。
全身の湿疹、広がるアザのような紫色、ついには肩や首、鎖骨回りから浸出液が噴き出した。
広範囲に皮が貼らない。
そしてひどく寒い、寒い。

5月、新緑の季節は通常一番調子の良い時期。

おかしい。

世の中が半袖に衣替えの中、一人ヒートテックに4枚ほど重ね着の通勤。

寒さと痛さ、の地獄。
リンパが滞る感覚が異様に辛くて長時間座って居られなくなる。

あの時ほどの地獄さに比べたら軽いが、まさに脱ステ後の症状と同じ。

藤澤駆け込み寺へ。
「第2リバウンド」
脱ステ開始後1-2年後に外的要因や強いストレスでバーンと来るらしいのです。
私の場合は5年目とちょっと遅い(あまりストレスを感じないタイプ?)ようですが、確かにここ半年間で熟成された、強いストレスが潜在意識にあったのかな、という心当たりはあります。

興味深い事に、水風船が弾けたようにいっきに浸出液が噴き出した日は、まさに人生を左右する大事な日でした。
その日その瞬間から悪化の一途を辿って行ったんです。
体って正直だ・・・。

思考と深層心理は別の動きをしていたのか...

とにかく、もうとてもじゃないが全てを終わりにして聖地豊富温泉へ!!

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。