プロフィール

マルガリータ

Author:マルガリータ
☆アトピー略歴☆
3歳 発症(その後消える)
11歳〜 (頭皮、首、脚、顔は軽め)
  ・食事療法
  ・ステロイド治療で首が紫色に
16歳 ハワイマウイ島転地療養ツア
   ー(某クリニック主催)参加
   10日間で突然綺麗になり感動
   これを機にハワイ旅行を繰り
   返し落ち着く、悪化した
   場合はステロイド使用
27歳 ハワイ長期滞在(3カ月)で
   完治状態
28歳 帰国後急激悪化
   ステロイド治療
29歳 オーストラリア長期滞在
   (1.3年)で完治状態
30歳 帰国後激悪化
   ・ステロイド大量使用
   ・頼みのハワイ旅行でも、
    激痛、低体温症、
    浸出液べとべとで
    悲惨な旅行となり、
    大ショック。絶望的。
   ・1月某四国の病院入院、
    ステロイド大量摂取
   ・2月運命の出会い!
    藤澤重樹先生の下、脱ステ
    開始!
31歳 10ヶ月のリバウンド地獄
32歳 完治状態、社会復帰
33歳 順調 
34歳 順調 
35歳 順調 
36歳 強烈なストレスによる
   第2リバウンド?で激悪化
   豊富温泉治療(1.5ヵ月)
   でまた完治状態!
   社会復帰するも、再度悪化で
   退職、再び豊富温泉治療
   (2週間)で復活
37歳 3度目の正直!
   豊富温泉治療(2週間)で
   復活!
   運動・食事・意識改革
38歳 ストレス悪化で豊富温泉
   治療(2週間)真冬の激乾燥で
   いつもより復活度悪く帰宅
39歳 ストレス悪化で豊富温泉
   (1ヶ月)


カテゴリ

リンク

ぽちってしてブログを拡散↓

楽天の方はこちらからサイトに入れます


developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名医ほど叩かれる。

ケトン体を発見された宗田哲男先生、藤澤重樹先生や佐藤健二先生他脱ステ医、免疫学の安保徹先生、がんもどきの近藤誠先生、内科精神科医の内海聡先生・・

共通点は「叩かれる、とんでも扱いされる」ことですね。
でも「世の中の仕組み」を理解すれば、それはとても自然で当たり前のことなんです。

裏を返せば、真の名医ということなんですね。
体制に支配されず、自分の信念に忠実に、研究や勉強を続け多くの患者を救う。

私は上記の先生方の著書の多くを読んでいます。
自分や家族に当てはめて考えられるので、理にかなっている実感があるのです。

多くの健康本から信頼できるものを選ぶときは、
著者の背景や関係組織をきちんと把握しましょう。
どんな立場で書いているのか、そこが非常に重要です。

「テレビで医者が言ってた」「大病院の有名な医者が言ってた」
ほど、むしろ信憑生を疑うべきなのです。

賢い患者、消費者にならないと馬鹿をみるのは自分です。



















スポンサーサイト

ケトン体エンジン-糖質制限の素晴らしさ

高性能なケトン体エンジンの働きを世界で初めて解明した宗田哲男先生。

「朝はしっかりお米を食べないとだめよ」
=「脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖」というこれまでの常識を覆したのです。(常識参考:農水のHP、下手な医者より読者の方が詳しい、学会からの大批判等が記載されています)

その経緯、理論を著したのが
「ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか」です。


ケトン体=高効率エンジン!

糖質を摂らない

血糖値が上がらない

脂肪酸がミトコンドリアのケトン体回路に入りケトン体ができる

ケトン体が脳のエネルギーになる

ケトン体のおかげで糖質制限ができ、どんどん健康になれるんですね。
理解し納得できると、糖質制限がよりやり易くなります。



世の中の本質を理解する重要性

ステロイド治療とは何なのか?
ステロイド治療がなぜアトピーを完治できないのか?
なぜ自分がステロイド治療をしているのか?
なぜ医者はステロイド薬を出すのか?
なぜ完治できないステロイド治療が標準治療になっているのか?
標準治療とは何なのか?

こんな疑問を持ったことはないですか?
もし持ったことがない場合は、今すぐに持ってください。
それが苦しみから逃れるための一歩だったからです。
何の疑問も持たずに、医者の言うままにおりこうさんにしていると、馬鹿を見るのは自分だからです。

治すのは自分です、治す身体は自分のものです。
自分が主体にならないと治せないのです。

その医者は自身がアトピーではないですよね?
だったらあなたの苦しみは理解できないのです。

骨が、血が、痒いような痒み、目をえぐり取りたいほどの痒さ。
意識を失いかける痒みやほてり、血の匂いや汁の匂いの不快感。
皮膚の貼らない爛れの痛み苦しみ。
皮膚の異常な強張り感、脆さ、止まらない剥がれ。
傷口に塩ほどの激しい痛み。
歩けばパラパラ触ればパラパラてんこ盛りの激しい落屑。

医者がステロイドを処方するのはそれが「標準治療」だからです。
アトピーを完治できるからではありません。

標準治療とは何ですか?
患者のためのものではありません。

まずは世の中のしくみ、本質をきちんと知ってください。
きちんと把握しなければいつまでも苦しむだけです。

その上でいつも自分のために、正しい選択をしてください。

点と点が繋がり、自分がいつの間にかまんまと、すっかり被害者になっていたことに気が付くんです。

アトピーにステロイド治療は間違っています。
年々、成人のアトピーが難治化している現実。
ステロイド治療が出てから年々、アトピー患者が増えている現実。
ついに日本人の1割と言われている患者の数。

どうか正しい医者を選択してください。
自分のため、家族のために。


↓内海先生はFBやSNSのアカウントを強制的に閉鎖させられては復活させるといういたちごっこをしているそうです。それほど「やばい」影響力のある知識人です。










↓船瀬俊介さんは藤澤先生の講演会時に前座?ゲスト?出演されていました。命がけのジャーナリストです。




↓苫米地英人先生はお爺様の代から大物、政財界に影響力のある名家出の機能脳科学者で、著書多数。
「やばすぎる」のでメディアには出られません。
お勧めは、唯一わりと自由報道である東京MXTV「木曜ダンディ」。21時20分前後の「苫米地先生の解説」は必見です。


↓人気だったのにアメリカでついに詐欺罪で逮捕されたようです。友人から一回借りて読んだのですが、逮捕されてからその信憑性が増し!買っちゃいました。








| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。