FC2ブログ

プロフィール

マルガリータ

Author:マルガリータ
☆アトピー略歴☆
3歳 発症(その後消える)
11歳〜 (頭皮、首、脚、顔は軽め)
  ・食事療法
  ・ステロイド治療で首が紫色に
16歳 ハワイマウイ島転地療養ツア
   ー(某クリニック主催)参加
   10日間で突然綺麗になり感動
   これを機にハワイ旅行を繰り
   返し落ち着く、悪化した
   場合はステロイド使用
27歳 ハワイ長期滞在(3カ月)で
   完治状態
28歳 帰国後急激悪化
   ステロイド治療
29歳 オーストラリア長期滞在
   (1.3年)で完治状態
30歳 帰国後激悪化
   ・ステロイド大量使用
   ・頼みのハワイ旅行でも、
    激痛、低体温症、
    浸出液べとべとで
    悲惨な旅行となり、
    大ショック。絶望的。
   ・1月某四国の病院入院、
    ステロイド大量摂取
   ・2月運命の出会い!
    藤澤重樹先生の下、脱ステ
    開始!
31歳 10ヶ月のリバウンド地獄
32歳 完治状態、社会復帰
33歳 順調 
34歳 順調 
35歳 順調 
36歳 強烈なストレスによる
   第2リバウンド?で激悪化
   豊富温泉治療(1.5ヵ月)
   でまた完治状態!
   社会復帰するも、再度悪化で
   退職、再び豊富温泉治療
   (2週間)で復活
37歳 3度目の正直!
   豊富温泉治療(2週間)で
   復活!
   運動・食事・意識改革
38歳 ストレス悪化で豊富温泉
   治療(2週間)真冬の激乾燥で
   いつもより復活度悪く帰宅
39歳 ストレス悪化で豊富温泉
   (1ヶ月)


カテゴリ

リンク

ぽちってしてブログを拡散↓

楽天の方はこちらからサイトに入れます


developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトピーの人に、医者へ行けと言わないでください

アトピーの人は大抵自分ですごく一生懸命勉強しています。
それなのに、薬塗れとか医者へ行けとか、どうか言わないでください。

一番辛いのは本人で本人が一番良くわかっているのです。
普通の皮膚科へ行ったらステロイド外用薬を処方されるだけなのです。
そして、それを塗ると、例えば3日後に皮膚がボロボロ剥けて1日だけ綺麗になったとしても、
4日後にはまた元へ戻るのです。
それの繰り返しで塗り続けていると、どんどん悪化の一途を辿るのです。
ステロイド自体が効かなくなり、元の皮膚が薄くなる皮膚萎縮、色素沈着、真っ赤、副作用の湿疹、浸出液、激しい冷え・・・・。
ステロイドは免疫抑制剤ですから、色々と副作用が出ます。

真っ赤になった赤ちゃんの顔は痛々しいですね、でもだから赤ちゃんって言うんですって。
乳児湿疹はアトピーとは違います。
放っておけば消えるんです。

昔はアトピーなんて無かった。
ステロイドを塗り始めてから特に成人アトピーとその難治化が始まった。

脱ステロイドという選択肢があることを知ってください。
また、広めてください。
多くの皮膚科医でさえ、知らないんです。
知ってても標準治療がステロイドとなっているから、ステロイドを処方します。
「標準治療」は患者のためのものではありません。
患者に寄り添う心のある先生=「脱ステ医」は少ないけれど居らっしゃいます。

私は藤澤先生に出会えて生きる希望を取り戻せました。

まずは知ってください。↓

















スポンサーサイト

豊富温泉メディア掲載 find travel

Find Travel様

http://find-travel.jp/article/31296

豊富温泉メディア掲載

豊富温泉の紹介記事です。

tripro VOICE様

http://blog.tripro.me/07032015toyotomionsen

断食のメリットとは

ヨガ教室開催の2泊3日の断食合宿に行ってきました。
絶食するわけではなく、塩味と醤油をメインにした味付けの食事を昼と夜の2食いただきます。
野菜と果物、豆腐等をメインにして動物性は一切入りません。
しかも量はそれぞれ猫の食事のような極少量で、一口30回程度噛みながらいただくのです。

しかしお腹が空いて苦しい・・・っていうのは、意外とありませんでした。

さて、断食のメリットはここからです。

帰宅後翌日、いつもと同じような食事が全く美味しくないのです。
MEC、野菜、味噌汁、玄米等、何を食べても美味しくない。
唯一美味しかったのは、お土産にいただいた「キンカン」でした。
普段全く食べないキンカン、その他柑橘類だけがとても美味しくてたまりませんでした。

これこそが、断食で体をリセットした結果の反応なのです。
つまり、体が本来欲していたものしか受け付けなくなったのです。

いつも健康な皮膚をつくることを意識してタンパク質(MEC食)を大量に摂取、
その上、栄養価の高い玄米を摂り、野菜は食べますが、果物やその他糖質はほとんど採っていませんでした。

食事の陰陽バランスで考えると、これは圧倒的に陽性に傾き過ぎていたので、
リセットした体が素直に陰性のものを欲し、陰性の「キンカン」が美味しくて仕方がなかったようです。

先生に話すと、まさにこれが「体の声を聴く」ということであると。

普段アトピーを良くすることをメインに考えているので、頭で食事内容を選択しています。
ストイックな糖質制限とストイックなMEC食。
「体の声」を無視して、あるいは気付かずに居たのですね。

陰陽バランスで考えることも重要だと思う今日この頃です。

最近アトピーさんで特にストイックに糖質制限をして激痩せしている女性が増えている話を聞きました。
激痩せすると生理不順等生殖系に異常を来しがちですよね。
長距離マラソン選手が良い例です。
女性は特にコレステロールが重要なので、脂質は欠かせないです。
以前ストイックに糖質制限をした時にやはり激痩せ生理不順になったことがあります。
米やパン、小麦、イモ類、果物も余計と思われる糖質は全て抜いたのです。

私もヨガの先生には、穀類は食べるよう提案をいただいています。
人間の歯は穀類を食べるようにできている(臼歯が多い)し、
お米の国でお米を食べないのは不自然と。
ヨガの世界はバランスを大切にする世界です。
自然界との調和、体が喜ぶこと、もの、を大切にする。

ここ半年ぐらいMECと玄米食に勤しみアトピー自体はとても調子が良いのですが、
女性として女性ホルモンや生殖系にもフォーカスしようと思います。

先生に食事調査をしてもらったところ、陽性の強い玄米はやめて白米でバランスを摂った方が良いというアドバイスをいただきました。
ストイックなMEC食(陽性)には白米が丁度良いんですね。
陽性が強いと体が締まります、毛穴もしまり老廃物が出にくくなるのです。
アトピーが出ないで調子良かったのはそういう意味もあるのなあと思います。

確かに厳格な糖質制限でアトピーの体調が良い人は多いです。
体調が万全なら問題ないんです。
ただ、その他の不調、取り分け女性はホルモンのことも考慮し体重激減にはご注意ください。

ヨガの素晴らしいところは人に強要しないことです。
その人その人で体が全く異なるからです。
「信じるな、疑うな、確かめよ」
自分の体で試して、知る。ことが重要です。

私もしばらく、砂糖は避けるがお米は食べるマイルドな糖質制限に変えてみます。
「体の声を聴く」ためにも、プチ断食はお薦めです。

真実を追究するジャーナリスト船瀬氏が書くなら間違いないですね↓











アトピーと洗濯洗剤

アトピー皮膚には洗濯洗剤の選択も大変重要です。
なるべく石鹸を使いたいところですが。
私は今「無添加石鹸+天然ハーブ」のSARAYAさんの液体を使用していますが、全く問題ないです。
もちろん界面活性剤、合成材、蛍光材等全て無添加です。







同じ苦しみの人々からのありがとうが勇気をくれる

「ブログを読んで勇気を貰えて頑張れました」「励みになります」等の言葉で逆に勇気をいただけています。
本当にどうもありがとうございます。
患者同士の交流はとても重要なことだと実感しております。
これからもみなさん頑張りましょうね。

アトピーに苦しんでいる方へ
藤澤先生が人生を変えてくれました。
ステロイド治療をしない選択を考えてみてください。
「脱ステ」という言葉が存在します。








コラーゲン摂取の無意味

コラーゲンを飲んで、食べて、お肌プルプル!は実は医学的根拠に乏しいみたいです。
そもそもコラーゲンは、タンパク質の3分の1の構成要素のことで、細胞と細胞をくっつけています。
コラーゲンを経口摂取してもアミノ酸に分解されタンパク質に合成される。
採ったコラーゲンがそのまま全てコラーゲンとして蓄積されるわけではないのです。

結局タンパク質を採ることが最も重要なんですね。

やられた・・。
昔1年ぐらい高いコラーゲンを飲んでいました!
しかし、まあ、「プラシーボ効果(偽薬)」はあったかな、と思います。笑
効くと思えば何でも効果があるのです。

とにかく、アトピーさんが強い皮膚をつくるんだったら、
タンパク質と脂質を積極的に採ることが一番です。
細胞の構成要素:水65% タンパク質15% 脂質12%らしい。

だから、MEC(Meet Egg Cheese)食なんですね。
藤澤先生推奨MEC食。
私も脱ステ後はずっと意識して積極的に肉食です。









アトピーと女性ホルモン

アトピーを治すために食事は重要ですが、
女性であれば女性ホルモンのバランスも大切にすることが重要です。
女性ホルモンの状態を良くする補腎食品も積極的に摂りましょう。

野菜:キャベツ、ニラ、しいたけ、山芋
タンパク質:肉、えび、いか
その他:ゴマ、胡桃、海藻類

腎の衰えは、倦怠感や月経不順、抜け毛、尿漏れ、骨密度の低下をもたらします。


参考:女性医療クリニックLUNA 関口由紀先生著




乳児の洗い過ぎに注意です

乳児の入浴は週に2~3回で十分で、多くの場合は洗いすぎ。
By DANA WECHSLER LINDEN
THE WALL STREET JOURNAL
2014 年 11 月 5 日

乳児のアトピー性皮膚炎の原因をめぐる新たな所見を受け、一部の科学者は調査に乗り出している。親による乳児の皮膚の手入れ方法がこの皮膚炎の引き金となる可能性が示唆されたためだ。

 最新の複数の調査結果によると、アトピー性皮膚炎を引き起こす可能性があるのは、乳児の入浴頻度、せっけんやシャンプーの含有成分、入浴後に適切に皮膚を保湿しているかなどの要因だ。研究者は乳児の入浴は週に2~3回で十分で、多くの場合は洗いすぎかもしれないと指摘する。アトピー性皮膚炎になると、皮膚が乾燥し、かゆみを伴う炎症を引き起こす。

 科学者が確信を強めているのは、入浴や汚染物質、室内暖房などの環境要因が、皮膚内の水分を保持しアレルギー誘発物質や細菌を排除するといった皮膚本来の能力を妨害する可能性がある点だ。これにより皮膚の最外層のバリアが弱まり、外部からの刺激物質が皮膚に浸透することで免疫系反応を引き起こす。一部のアトピー性皮膚炎患者については遺伝子変異が皮膚のバリア機能を損なう可能性があることも判明した。

 アトピー性皮膚炎は長い間、アレルギー反応で起こると考えられていた。おそらく子供が食べたものや接触したものが、皮膚の炎症につながったという考えだ。ただ専門家は何十年もの間アレルギーをアトピー性皮膚炎の主犯と据えていた研究からは、ほとんど効果的な予防戦略を打ち出せなかった。

 オレゴン健康科学大学の皮膚科教授、エリック・シンプソン氏は「アトピー性皮膚炎の原因について理解が深まるにつれ、乳児の皮膚のケアの仕方にカギがあるとの見方が強くなっている」と語る。「私たちが良かれと思って赤ちゃんにしていることがアトピー性皮膚炎を引き起こしているのではないだろうか」と問う。

 このアトピー性皮膚炎は通常、乳児の顔や頭部に、小児の場合は肘の内側やひざの裏にも現れる。処方薬の軟こうはかゆみや赤みを緩和するが、治癒はしない。

 アトピー性皮膚炎は通常、乳児の肌がまだ発達段階にある1歳半を迎える前に発症する。数カ月、あるいは数年にわたり症状が出たり治まったりを繰り返し、たいてい青年期頃には消失するが、成人になっても続くケースもある。

MEC食の勧め。コレステロール神話崩壊

渡辺信幸医師により肉卵チーズ食の重要性がわかりやすく解説されています。
健康のために脂質をたっぷり摂らないとだめなんですね。
コレステロール神話の崩壊、厚労省が改定しましたよ。
「コレスレロールと食事は無関係」とな。

アトピーのみなさんも、良質な脂質、バター、肉をたっぷり食べましょう。
コレステロールはとても重要です。

藤澤先生も推奨されており、私もMEC食継続中です。

↓渡辺信幸医師解説
http://logmi.jp/106551








| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。