FC2ブログ

プロフィール

マルガリータ

Author:マルガリータ
☆アトピー略歴☆
3歳 発症(その後消える)
11歳〜 (頭皮、首、脚、顔は軽め)
  ・食事療法
  ・ステロイド治療で首が紫色に
16歳 ハワイマウイ島転地療養ツア
   ー(某クリニック主催)参加
   10日間で突然綺麗になり感動
   これを機にハワイ旅行を繰り
   返し落ち着く、悪化した
   場合はステロイド使用
27歳 ハワイ長期滞在(3カ月)で
   完治状態
28歳 帰国後急激悪化
   ステロイド治療
29歳 オーストラリア長期滞在
   (1.3年)で完治状態
30歳 帰国後激悪化
   ・ステロイド大量使用
   ・頼みのハワイ旅行でも、
    激痛、低体温症、
    浸出液べとべとで
    悲惨な旅行となり、
    大ショック。絶望的。
   ・1月某四国の病院入院、
    ステロイド大量摂取
   ・2月運命の出会い!
    藤澤重樹先生の下、脱ステ
    開始!
31歳 10ヶ月のリバウンド地獄
32歳 完治状態、社会復帰
33歳 順調 
34歳 順調 
35歳 順調 
36歳 強烈なストレスによる
   第2リバウンド?で激悪化
   豊富温泉治療(1.5ヵ月)
   でまた完治状態!
   社会復帰するも、再度悪化で
   退職、再び豊富温泉治療
   (2週間)で復活
37歳 3度目の正直!
   豊富温泉治療(2週間)で
   復活!
   運動・食事・意識改革
38歳 ストレス悪化で豊富温泉
   治療(2週間)真冬の激乾燥で
   いつもより復活度悪く帰宅
39歳 ストレス悪化で豊富温泉
   (1ヶ月)


カテゴリ

リンク

ぽちってしてブログを拡散↓

楽天の方はこちらからサイトに入れます


developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(8)さよなら、そして竜馬さんに宣言!

退院させてくれないよー。」
皆が一様に言うセリフだった。
「自分で何とか頑張って、皆退院して行ってるんだよ。 笑」 
 
予定としては、1週間~10日間と設定して来た。
予算的にも、その辺が妥当なところ。
何しろ自由診療
1週間で15-20万と聞いて来た。
しかし実情は、病院的には「最低でも2週間程度」のようだ。

行きはヨイヨイ、帰りは~・・・・・。

絶望の果てに選んだ某病院入院。
90年代、テレビで話題になるなど、超有名病院だった。
当時は入院患者が多すぎて、皆が皆サンドバスに入れるわけではなかったらしい。
私は贅沢にも、1日2回入らされた。笑

その後、様々に叩かれる等し、ブームは去って行ったようだ。

絶望の淵に居た私は、とにかく「転機」が欲しかった。
集中治療」と「転地」にかけ、いきなり病院に電話をかけた。
入院したいんですけど・・・。」


行く前に、「2チャンネル」は見るべきでなかった。
詐欺」「いんちき」「金儲け」等と、怖ろしい言葉が沢山並んでいたからだ。
しかし、稀に見られる「明るい言葉」に希望を見出し、
(何にだって批判はあるものだ)と信じ、自分の前途を祝して旅立った。

私を遠くの地へ送り出したまさにその直後、母が本屋で「脱ステ」と出会う。
まさに、運命のいたずらだ。
何故このタイミングで?  
しかしこれが、人生最大の、素晴らしい出会いになったのだ!!!

母がくれたメールは、衝撃的内容だった。
正直最初は、怒りさえ覚えた。

希望に胸を膨らませて治療を始め、友達もでき、
入院生活パターンにも慣れ、楽しく快適に過ごし始めていたところだった。

包帯人間のおかげか暖房全開のおかげか、
館内はどこも常に暖かく、家に居る時のような「寒さに力が入る」事もなくなった。

包帯人間の時は、
皮膚の痛さや痒さを比較的に忘れられた

ぐるぐる巻きにされているので皮膚の状態を見る事も触ることもできないから、「忘れられる。」
今思えば、薬が良く効いていたか。

そうなれば、こっちのもんだ。

胃や頭が痛いわけでもなく、気持ちが悪いわけでもなく、
ある意味「健康人間」なので、
言ってみれば、温泉旅行者気分とも言える。

三度のおいしい食事に、サンドバス、たっぷりの自由な時間と22時就寝。

午後の「処置」と診察は14:00からになっている。
診察は毎日は無いので、「処置」、つまり包帯ぐるぐる人間が完成すれば、
夕食までは長い自由時間だ。
早い時には、15:00ぐらいに解放される。

車を出してくれるナイスな子が居たおかげで、ちょっと遠出ができた。
ジョン万次郎の足摺岬や、遍路八十八か所巡礼地の一つになっている金剛寺竜串海岸と、観光地巡りをして、大満足。 

どこも車で40分程度なので、夕食前にはちょうど戻れた。
夜は「食後のおやつタイム」をこっそり始め、語ったり読書やテレビを見たりする。
こんな感じで入院生活をとっても満喫していた。

しかし一方で、徐々に不信感やら違和感を覚えてきたのも事実だ。
友達の証言や噂、2チャンネルの証言、謎の塗り薬、自由診療・・・・・・

そういう中での結論だった。
とにかく予定通り、10日間をめどに帰ろう、絶対に帰ろう。

寒い早朝にも関わらず、同室の友達が見送りに出てくれた。
別れはいつも、寂しくて悲しい。
内科の患者さん達にも軽く会釈する。
何回か夜の呼吸法体操に参加したので顔見知りだ。

さようなら・・・。

30万程度 カード支払い。
10泊なのに、朝まで居たから11泊分取られた・・・。
チェックアウトの日は普通取らないでしょ・・・・・。

 注射・点滴代 
 投薬治療代  
 外用治療代  
 検査代     
 入浴治療代  
 入院費     
 軟膏・外用薬 



一人、竜馬さんの桂浜観光をして東京へ向かった。
大雨で人も殆ど居ない桂浜だったが、とっても神がかっていて美しかった。

アトピーが良くなって元気になって頑張ります!と宣言した。
お願い」をするとお礼参りに来なければならないので、「勝手に宣言」にした。笑

誰も居ない、桂浜発バスの中、切符売り場のおばちゃんがくれたみかんを頂く。
関連記事
スポンサーサイト

<< (1)運命の出会い~藤澤先生~アトピー完治への道。 | ホーム | (7)恐怖の!院長診察。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。