FC2ブログ

プロフィール

マルガリータ

Author:マルガリータ
☆アトピー略歴☆
3歳 発症(その後消える)
11歳〜 (頭皮、首、脚、顔は軽め)
  ・食事療法
  ・ステロイド治療で首が紫色に
16歳 ハワイマウイ島転地療養ツア
   ー(某クリニック主催)参加
   10日間で突然綺麗になり感動
   これを機にハワイ旅行を繰り
   返し落ち着く、悪化した
   場合はステロイド使用
27歳 ハワイ長期滞在(3カ月)で
   完治状態
28歳 帰国後急激悪化
   ステロイド治療
29歳 オーストラリア長期滞在
   (1.3年)で完治状態
30歳 帰国後激悪化
   ・ステロイド大量使用
   ・頼みのハワイ旅行でも、
    激痛、低体温症、
    浸出液べとべとで
    悲惨な旅行となり、
    大ショック。絶望的。
   ・1月某四国の病院入院、
    ステロイド大量摂取
   ・2月運命の出会い!
    藤澤重樹先生の下、脱ステ
    開始!
31歳 10ヶ月のリバウンド地獄
32歳 完治状態、社会復帰
33歳 順調 
34歳 順調 
35歳 順調 
36歳 強烈なストレスによる
   第2リバウンド?で激悪化
   豊富温泉治療(1.5ヵ月)
   でまた完治状態!
   社会復帰するも、再度悪化で
   退職、再び豊富温泉治療
   (2週間)で復活
37歳 3度目の正直!
   豊富温泉治療(2週間)で
   復活!
   運動・食事・意識改革
38歳 ストレス悪化で豊富温泉
   治療(2週間)真冬の激乾燥で
   いつもより復活度悪く帰宅
39歳 ストレス悪化で豊富温泉
   (1ヶ月)


カテゴリ

リンク

ぽちってしてブログを拡散↓

楽天の方はこちらからサイトに入れます


developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(2)アトピーgirl地獄まっしぐら。

・リンデロンVG
・アンテベート
・ロコイド
・リドメックス
・プロトピック



強度と湿疹部位に合わせて使い分けるという意味で多種多様に処方されるも、
5gチューブなんてどれもすぐに空っぽになる。
ごみ箱行きのチューブを何本見送ったことだろうか?


<副作用・注意>
頭重、明るい光を見ると光の輪が見える、
にじんで見える、眼の充血や乾き、
この薬を長い間大量に使用した場合、
物が見えにくい、かすんで見える、物がいくつにも見える



と書かれている。


恐ろしいのはわかっているが、止められない。
もっと恐ろしいのは、湿疹のある壊れた皮膚だ。
痒みも痛みも見てくれも、辛い全てを消し去りたい。

2cm四方ぐらいの赤く膨らんだ大量の湿疹は太ももから足、腕を蝕む。
さらにお腹や首、背中の湿疹も広がる。
顔が赤く膨れる。
頭皮が剥がれる。

皮膚の痒みや痛みを抱えながらの社会生活はとても辛い。
そしてこの辛さは当人にしかわからない。

浸出液も嫌だし、に薄くなった皮膚からの血のにおいも苦痛だ。

夏場の汗は傷口に塩状態、ひりひり痛くてしんどい。

白シャツや薄生地の服は血や浸出液が沁みてしまう不安がある。
スカートが履けない。
キャミソールやノースリーブが着られない。
水着なんてもっての外。
頭皮が剥がれる→ふけじゃないのよ!

特にGirlsには、見てくれが最も気になる悩みだ。

痛みや痒みは我慢するから、せめて湿疹が目に見えなければいいのに・・・・。
何度もそう願った。

非常に残念ながら、ステロイド達は全くもって解決してくれなかった。
それどころか、気が付いた時には私の皮膚はステロイド中毒状態に陥れられていた。

この湿疹はアトピーと違うのでは?と疑うほど、
全くもってステロイドが効かなくなっていた。
たった半年ほど、されど毎日・・・・・の量で、だ。

ステロイドの集中使用を開始して半年になる頃、
効果の無さに嫌気がさして何となく使用を止めてみたからか、
また、ちょうど仕事を辞めた事へのストレスもあいまってか、
皮膚の状態が急激に悪化した。

体中から浸出液が一気に噴き出してきた。
背中から肩、腕にかけては、「皮が無い!!!」と言わんばかりに、
滲出液でべとべと、ぬるぬるしていた。
あまりの衝撃と絶望感で、そのまま夜までベッドから出られなかった。

異常と言えば、この頃から異様に体が冷えるようになっていた。
自分はこんなに冷え症ではなかった。
周りと比べて、冷え方が尋常でない。
とにかく人の倍以上着込んでも、常時寒さに震えていた。
常にストーブを抱っこして生きていたかった。

12月のハワイ、
海水浴客を横目に一人セーターを着て震えて居た
のが、
その異常さを物語っていた。
でも当時は、自分に何が起きているのかさえも分からなかったのだ。

ハワイのやさしい風が、大好きな風が、皮膚にあたるのが痛くてたまらない。
痛い。
寒い。
何も楽しめない。


「頼みのハワイ」なのに・・・・・・・・。

わけのわからない症状とあまりの辛さに、落ちても、もう、いいや・・・。
帰りの飛行機の中でそう思ってしまった。


こんな絶望の果てに、「某病院入院」という選択をするに至った。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アトピー・アレルギー - ジャンル : ヘルス・ダイエット

<< (1)いよいよ入院へ。 | ホーム | (1)アトピーgirl「天国」と「地獄」を知る。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。