FC2ブログ

プロフィール

マルガリータ

Author:マルガリータ
☆アトピー略歴☆
3歳 発症(その後消える)
11歳〜 (頭皮、首、脚、顔は軽め)
  ・食事療法
  ・ステロイド治療で首が紫色に
16歳 ハワイマウイ島転地療養ツア
   ー(某クリニック主催)参加
   10日間で突然綺麗になり感動
   これを機にハワイ旅行を繰り
   返し落ち着く、悪化した
   場合はステロイド使用
27歳 ハワイ長期滞在(3カ月)で
   完治状態
28歳 帰国後急激悪化
   ステロイド治療
29歳 オーストラリア長期滞在
   (1.3年)で完治状態
30歳 帰国後激悪化
   ・ステロイド大量使用
   ・頼みのハワイ旅行でも、
    激痛、低体温症、
    浸出液べとべとで
    悲惨な旅行となり、
    大ショック。絶望的。
   ・1月某四国の病院入院、
    ステロイド大量摂取
   ・2月運命の出会い!
    藤澤重樹先生の下、脱ステ
    開始!
31歳 10ヶ月のリバウンド地獄
32歳 完治状態、社会復帰
33歳 順調 
34歳 順調 
35歳 順調 
36歳 強烈なストレスによる
   第2リバウンド?で激悪化
   豊富温泉治療(1.5ヵ月)
   でまた完治状態!
   社会復帰するも、再度悪化で
   退職、再び豊富温泉治療
   (2週間)で復活
37歳 3度目の正直!
   豊富温泉治療(2週間)で
   復活!
   運動・食事・意識改革
38歳 ストレス悪化で豊富温泉
   治療(2週間)真冬の激乾燥で
   いつもより復活度悪く帰宅
39歳 ストレス悪化で豊富温泉
   (1ヶ月)


カテゴリ

リンク

ぽちってしてブログを拡散↓

楽天の方はこちらからサイトに入れます


developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(1)いよいよ入院へ。

1日ががりでようやく辿り着く。

新しく建てたので、明るくて開放的な綺麗な病院だ。
感じの良いお兄さんの受付を済まし、ひたすら待つ。

軽い化粧、ブーツにロングコート、スカーフまでして来てしまったのが運の尽き。

(この子何しに来たの?)と云わんばかりの視線を浴びる。

いやいや、脱いだらすごいんです!
・・・・重症アトピー患者です。

40分ほど待たされ、診察室へ。

コロコロキャリー手荷物に、到着したもう一つのキャリー荷物を受け取らされる。

その場でパンツ一丁になるよう指示される
先生と看護婦の前で、ブーツから脱ぐ作業開始・・。
(先に病室案内され、準備してから診察のイメージだったのに!)
院長先生は月2回ぐらいのお目見えらしく、今日は別の先生だ。
横柄でなくて、感じが良い。多少頼り無い気もするが。

診察が終わると、とりあえず寝間着に着替えさせられ、
散乱した荷物もそのまま一緒に引きづり外へ。

まずは抗生物質の点滴を30分間
(旅の疲れでうとうと・・訛りが心地よいではないか・・)

も、束の間のリラックスタイム。
続いて地獄の処置に突入。

また荷物を引きづり、今度は「処置室」へ。
「処置」・・・・・
敷かれた新聞紙の上に素っ裸で立つ。
「筋肉注射、ちょっと痛いけんよーー」

3人の看護婦に囲まれ、いきなり「ビタミン注射」を打たれた。
右腕に入った注射針が、「ずキューン」。
予期せぬ痛みに思わず右肩が下がる。
「痛い・・・!!」
そして3秒後に2回目の「ずキューン」。
何だ、この痛みは・・・・(泣)

素っ裸の自分が、3人に囲まれ痛みに悶えるこの光景・・・
まるでスパイ容疑者への拷問シーンそのままだった。


その後まもなく、看護婦達はカルテを見ながらものすごい勢いで軟膏を塗りたくって行く。
(実際のところ、全員が看護婦というわけではない。軟膏の塗り方教育をされたおばちゃん達だ。)

ビニール手袋を付けた3人はとても慣れた手つきだ。
べとべとに塗りたくる。
頭皮から足先まで全身くまなく、塗りたくる。
軟膏のプラスティックケースには、Va1,Va2とかが、書かれている。

湿疹の無いきれいな所にまで塗られて、ちょっとイラッ。
口を挟む隙も入れられず、すごい勢いで塗り作業終了。

ガーゼをこれまたこ馴れた手つきで巻いていく。
「はい、右足あげて。」
「はい、左。」
あっという間に包帯ぐるぐる人間の出来上がり。
最後に排泄に支障がない程度に、チョキンと切り込みが入れられた。笑

顔こそ巻かれていないが(昔は顔も巻いていたらしい)、
包帯人間は上から大きめのスウェットを着て、入院体勢に入る。

ブーツやら脱ぎ棄てられた服が散乱し、蓋もしまっていない
キャリーバックを引きづり、いよいよ病室に案内される。
見兼ねた看護婦さんが1つ運んでくれた。
(着の身着のまま・・バタバタだったんだもん・・・・)

「あ、そうそう100円ね。」
箸代金を請求される。
(My箸が要るなんて聞いてないよ~。)
人生初の入院、「闘病生活」が始まろうとしている。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アトピー・アレルギー - ジャンル : ヘルス・ダイエット

<< (2)楽しいアトピー仲間と、日課。 | ホーム | (2)アトピーgirl地獄まっしぐら。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。