プロフィール

マルガリータ

Author:マルガリータ
☆アトピー略歴☆
3歳 発症(その後消える)
11歳〜 (頭皮、首、脚、顔は軽め)
  ・食事療法
  ・ステロイド治療で首が紫色に
16歳 ハワイマウイ島転地療養ツア
   ー(某クリニック主催)参加
   10日間で突然綺麗になり感動
   これを機にハワイ旅行を繰り
   返し落ち着く、悪化した
   場合はステロイド使用
27歳 ハワイ長期滞在(3カ月)で
   完治状態
28歳 帰国後急激悪化
   ステロイド治療
29歳 オーストラリア長期滞在
   (1.3年)で完治状態
30歳 帰国後激悪化
   ・ステロイド大量使用
   ・頼みのハワイ旅行でも、
    激痛、低体温症、
    浸出液べとべとで
    悲惨な旅行となり、
    大ショック。絶望的。
   ・1月某四国の病院入院、
    ステロイド大量摂取
   ・2月運命の出会い!
    藤澤重樹先生の下、脱ステ
    開始!
31歳 10ヶ月のリバウンド地獄
32歳 完治状態、社会復帰
33歳 順調 
34歳 順調 
35歳 順調 
36歳 強烈なストレスによる
   第2リバウンド?で激悪化
   豊富温泉治療(1.5ヵ月)
   でまた完治状態!
   社会復帰するも、再度悪化で
   退職、再び豊富温泉治療
   (2週間)で復活
37歳 3度目の正直!
   豊富温泉治療(2週間)で
   復活!
   運動・食事・意識改革
38歳 ストレス悪化で豊富温泉
   治療(2週間)真冬の激乾燥で
   いつもより復活度悪く帰宅
39歳 ストレス悪化で豊富温泉
   (1ヶ月)


カテゴリ

リンク

ぽちってしてブログを拡散↓

楽天の方はこちらからサイトに入れます


developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(4)ミイラ人間、気にせず街を歩く。そしてカツアゲされる。

出かける時は、包帯ぐるぐる巻きのミイラ姿のままだ。
冬場なので、コートを羽織れば何となく隠れるが、
顔は勿論スッピン薬でてっかてっかだ。
首の包帯も手の白手も見えているが、気にしない。

この小さな町では、今更こんな患者姿に驚く人も居ない。
もうずっと昔から、ここの病院のアトピー患者さん御用達。

ちょっと驚いた事には、
ここの住民の方々は全体的に、
病院患者とさほど変わらない格好をしているよ・・・スウェット姿って感じだ。

そしてもう一つ、若い子が居ない
小中学生か、おっちゃんとおばちゃん以上という年齢構成だ。
「若い子が居ないから、珍しい目で見られるでしょ?」
看護婦さんもこんな事を言っていた。
ミイラ姿」を見ているんじゃなかったのか・・・・。???

過疎の町とはこんな感じかしらん?
ガールズで消防署前を通り過ぎた時の、「彼らの視線」は、それ故だったのか?笑


最近では珍しく、温かい気持ちにしてくれたのは、
中学生の「こんにちわー」だ。
今時、見知らぬ他人にすれ違い様にこんなに爽やかな挨拶をするなんて。
思わず(?!私に?)という反応をしてしまった。
そして急いで「こんにちは~♪」と返した。

長閑で良い町だなあ。
空気おいしいしなあ。


「一通り揃っているし、あれこれ迷わなくてとってもいいのよ。」

なるほど、看護婦さんの言う通り。

薬局、電気屋、携帯ショップ、本屋、充実したスーパー、大型100円ショップ・・・
選択肢は少ないが、生活に困らない
こういう生き方もありなのかな・・・・。

入院しに来る前は、
良かったらそのまま移住の候補地にしちゃおう、なんて考えてみた。
何しろ院長先生が研究した結果得られた最優良地なのだから。

実際、病院で働いている人の中には患者さんも、ちらほら居る。
働きながら治療を続けているようだ。
どのぐらい居るのかは不明だが、一見したところ完治の期待は・・・・・。

こんな長閑で素敵な街だが、1つ興醒めした出来事を思い出した。
「カツアゲ」だ。
目の前の「流行っていない方の」スーパーでの事。

「あんたあ、どこから来たん?ここの人じゃないね。」
例によってお菓子コーナーに居ると、
少し腰の曲がったおばあちゃんが声をかけてきた。

(おー、来たきた、人情味のある街だものね♪)
海外ではよくあり得る展開をイメージし、ここに来た経緯や、病気の事を話す。

「毎朝ね、あんた、お天道様に向かって、南無阿弥陀仏を3回唱えなさい。治るからさ。ここはね、竜馬さんがね、見守ってて下さるからさ・・・・絶対治るよ・・・」

なんかハチャメチャな感じだが(笑)、心がほんわかした。

しかしながら、数秒後に大きなパンチを食らう。

「そんでさあ、あんたさあ、悪いけどさあ、100円持ってる?」
??
おばちゃん何にも持ってなくてさ、ちょっとさ、貸してくれん?」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・??

「いいですよ。」
Vuittonの財布から小銭を出す。

「あのなあ、もう100円は無理やわなあ?」

・・・・・・(笑)

これも何かの縁、竜馬さんの罰が当たると嫌なので、200円を渡した。
おばあちゃんは、何度も「悪いねえ、悪いねえ」と嬉しそうに去って行った。

「それ、カツアゲだよーー (笑)」
皆に馬鹿にされた。
関連記事
スポンサーサイト

<< (5)効果抜群?!心臓ドクンドクン、恐怖の?サンドバス。 | ホーム | (3)意外においしい病院の食事。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。