プロフィール

マルガリータ

Author:マルガリータ
☆アトピー略歴☆
3歳 発症(その後消える)
11歳〜 (頭皮、首、脚、顔は軽め)
  ・食事療法
  ・ステロイド治療で首が紫色に
16歳 ハワイマウイ島転地療養ツア
   ー(某クリニック主催)参加
   10日間で突然綺麗になり感動
   これを機にハワイ旅行を繰り
   返し落ち着く、悪化した
   場合はステロイド使用
27歳 ハワイ長期滞在(3カ月)で
   完治状態
28歳 帰国後急激悪化
   ステロイド治療
29歳 オーストラリア長期滞在
   (1.3年)で完治状態
30歳 帰国後激悪化
   ・ステロイド大量使用
   ・頼みのハワイ旅行でも、
    激痛、低体温症、
    浸出液べとべとで
    悲惨な旅行となり、
    大ショック。絶望的。
   ・1月某四国の病院入院、
    ステロイド大量摂取
   ・2月運命の出会い!
    藤澤重樹先生の下、脱ステ
    開始!
31歳 10ヶ月のリバウンド地獄
32歳 完治状態、社会復帰
33歳 順調 
34歳 順調 
35歳 順調 
36歳 強烈なストレスによる
   第2リバウンド?で激悪化
   豊富温泉治療(1.5ヵ月)
   でまた完治状態!
   社会復帰するも、再度悪化で
   退職、再び豊富温泉治療
   (2週間)で復活
37歳 3度目の正直!
   豊富温泉治療(2週間)で
   復活!
   運動・食事・意識改革
38歳 ストレス悪化で豊富温泉
   治療(2週間)真冬の激乾燥で
   いつもより復活度悪く帰宅
39歳 ストレス悪化で豊富温泉
   (1ヶ月)


カテゴリ

リンク

ぽちってしてブログを拡散↓

楽天の方はこちらからサイトに入れます


developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトピーの治し方(2)

藤澤先生よりのご指導を許可をいただいて転用しています。

⭕アトピーの治し方ABC 2

●入浴は控えめにする「風呂断ち」がよい
 皮膚の表面には汗と皮脂が混じってできる皮脂膜と垢(あか)から構成される保護膜が皮膚のバリアになっています。長風呂すると、この大事なバリアが流されて、皮膚が乾燥しやすくなり、アトピーの発症の原因になる皮膚のバリア機能をわざわざ低下させてしまうことになります。感染症への抵抗力も落ちてしまいます。
 風呂に入る回数を減らし(週に2~3回程度)、入るときはタレントのタモリさんが勧める「タモリ式入浴法」を実践してください。タモリ式入浴法とは、ボディソープや石けんを使わず、10分ほど湯船につかるだけというものです。これでも十分に汚れは取れ、肌はつるつるになります。


●脱ステロイドによるリバウンドは大変
 ステロイド軟膏を突然止めると、殆どの患者に激しいリバウンド症状が現れます
 それまでステロイドによって抑えられていた炎症が倍返しで悪化するため、うろたえ困惑する人もいます。皮膚がヤケドのように赤く腫れ上がり、いたるところから浸出液が染み出てジュクジュクし、激しいかゆみが続きます。
 眠れなくなり、疲労感や食欲不振なども現れ、普通の生活が困難になるケースもあります。
 しかし、こうした激しいリバウンドはいつまでも続くものではなく、必ずおさまる時期が来ます。そしてその後は、緩やかに改善に向かっていきます。問題は、このリバウンドをどのように乗り切るかです。
 想定外の激しいリバウンドに耐えられず、その上ステロイドに対する依存が強いため、迷いや不安が募ってステロイド治療に戻ってしまうこともあります。その結果、ステロイド依存性皮膚症とアトピーは改善されることなく、治り難くい状態が続くことになりかねません。
 リバウンド中、痒みを抑えるために抗ヒスタミン剤や亜鉛華単軟膏などを処方します。ケーキや生鮮食品についてくる保冷剤をハンカチやガーゼなどで包み、患部に当てると、痛み、腫れ、かゆみなどが即効的に軽くなります。光線療法も効果を発揮します。


●浸出液の湿疹の回復を早くする1枚ガーゼ療法
 アトピーが悪化すると、湿疹やかき傷からジュクジュクした浸出液が出ます。この滲出液には、皮膚の回復・再生に役立つ蛋白質や成長ホルモンが含まれており、皮膚の再生を促す役目もあります。固まるとかさぶたになり傷を保護します。この浸出液をむやみに拭き取らず、患部の大きさにトリミングしたガーゼを1枚はってください。こうすれば、時間とともに浸出液はガーゼごと固まり、かさぶたと同じ効果が発揮されます。そのあとは、自然にはがれるのを待ちます。ガーゼは必ず清潔なものを使ってください。


●生活上の注意
肉、魚、卵、乳製品、大豆製品の蛋白質をとる。皮膚の修復や再生に関わる栄養素は蛋白質です。蛋白質からなる浸出液や鱗屑・落屑が増えると、血中の蛋白質が減ります。ですから、肉、魚、卵、乳製品、大豆製品などで、良質の蛋白質をしっかりとりましょう。同時に糖質を制限した食事により、アトピーの炎症はさらに軽減します。
表皮細胞間に水が溜まった状態、すなわち海綿状態(spongiosis) が起こっているのがアトピーの皮膚炎の本質です。何らかの不都合のために皮膚炎が起こるのですが、この皮膚炎を抑える方法の一つに湿疹のもともとの原因の水分制限をするという方法があります。特に治りにくい成人アトピーで効果があります。
運動して汗をかく。「アスリートにアトピーなし」といいます。ウォーキングで十分です。適度な運動を続けると、皮膚の血流がよくなることで皮膚炎は修復されやすくなります。ストレスも緩和され、自律神経が安定します。汗をかくとその成分で皮膚のバリア機能が強化されます。


●心構えはとても大切「これ以上悪くならない」という開き直りが大事
 アトピーの症状ほど、気持ちの持ち方に大きく左右される疾患はありません。過労や受験勉強で強いストレスが続き、不安が強くなると、さらに症状が悪化します。強いストレスによって自律神経のうちの交感神経支配が優位になり、顆粒球という白血球が増えるからです。顆粒球は、体の末梢で活性酸素を放出し、炎症や組織の破壊を進めます。
 不安を鎮めるには、アトピーの症状のある今の自分をありのままに受け入れることです。アトピーの患者さんには、心が優しく、繊細でまじめな人が圧倒期に多いという特徴があります。アトピーが根本的に治らないのは、自分の体質や生活のせいではなく、今まで受けてきた治療に問題があったからです。ですから、開き直って自分を責めたりせず、「これだけ悪くなれば、あとはよくなる一方だ」と思えば、不安が解消し、気持ちが楽になります。







関連記事
スポンサーサイト

<< アトピーフレンドリーな洗顔フォーム | ホーム | アトピーの治し方(1) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。